ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイス情報を気ままに更新しているデジタルメディアです。

Samsung、14nmプロセスを採用した「Exynos 8890 Octa」を発表

約2分
Samsung、14nmプロセスを採用した「Exynos 8890 Octa」を発表

Samsung Z3

▲Samsung Z3

SamsungはモバイルプロセッサのExynos 8890 Octaを発表しました。

 

Exynos 8890 OctaはSamsungとしては初めてのカスタムCPUを採用しており、14nm FinFETプロセスで構築されたプレミアムプロセッサとなります。Exyos 7420 Octaとは違い64bitのARMv8アーキテクチャベースでLTE Rel.12 Cat.12/13モデムを搭載したカスタムCPUtなります。

 

Cat.12/13は上り600Mbps/下り150Mbpsの高速通信が可能です。また、Exyos 7420 Octaと比べパフォーマンスは30%、省電力性は10%それぞれ向上しています。Cortex-A53 4コアとカスタムコアを4つ採用しています。GPUはMali-T880となります。

 

どの機種に搭載予定といったロードマップは公開されていません。

 

ソース:Samsung

 

Twitterで新着情報を受け取る
follow us in feedly

スポンサーリンク