ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイスの最新情報をお届けしているモバイル総合情報サイトです。

Android N (Android 7.0)ではドロワー機能が排除される可能性が浮上

約 2 分
Android N (Android 7.0)ではドロワー機能が排除される可能性が浮上

DSC01873

ウェブメディア ANDROID AUTHORITYはGoogleの次期モバイルOS「Android N」より、Androidの伝統的でもあったアプリケーションドロワー機能が排除される可能性があると報じました。

 

スポンサーリンク


iOS や HUAWEI のEMUIのようになる?

噂によると、Android Nは2016年後半のパブリックリリースに向けて開発中であり、Android Nの現時点でのリリース版ではドロワー機能が無いようです。ただし前述したように、Android N(Android 7.0)が2016年後半に発表する事を考えると、この仕様は今後変更される可能性も十分あります。しかし、リリース版でドロワー機能が排除されているという噂を改めて考え直すと、ドロワー機能が無いままパブリックリリースされる事が無きにしもあらずであると言えます。

ANDROID AUTHORITYはこの情報を複数のソース基から得たようで、これが事実だとするとAndroidの特徴が一つ損なわれてしまいます。また、GoogleはAndroid 6.0において、今まで横スクロールだったドロワーを縦のスクロールへと変更しました。これらの変更は、分割された横スクロールのカードページと比べ、縦スクロールの場合は分割されることなくアプリケーションを探すことが出来るため、より速く理に適っていたと言えるとANDROID AUTHORITYは述べています。

Screenshot_2015-10-05-16-52-23

▲EMUI

カスタマイズが容易にできるAndroid、HUAWEIはドロワー機能をなくした独自UIの「EMUI」を自社製のスマートフォンに搭載しています。これらはiOSと同じでホーム画面上にアプリケーションを追加していくものです。

仮にAndroid N (Android 7.0)において、ドロワー機能が排除されるのであれば、Android 5.0 LollipopでMaterial Designを採用した時と同じような大きな変革になりそうです。

ソース:ANDROID AUTHORITY

Twitterで新着情報を受け取る
follow us in feedly

スポンサーリンク