ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイス情報を気ままに更新しているデジタルメディアです。

Motorola、フラッグシップモデルスマートフォン「Moto X Play」と「Moto X Style」を発表

約3分
Motorola、フラッグシップモデルスマートフォン「Moto X Play」と「Moto X Style」を発表

 

Motorolaが同社のフラッグシップモデルスマートフォン「Moto X Play」と「Moto X Style」を発表しました。

 

第3世代モデルにあたる2機種はMoto X Play < Moto X Styleの順でスペックが優れています。

 

 

スポンサーリンク


Moto X Play

Moto X Play White

Moto X Playは、Android 5.1搭載のオクタコアプロセッサを採用したスマートフォンです。LTEに対応しており、2015年8月よりグローバル販売を開始します。

 

基本スペック

  • Android OS:Android 5.1.1
  • ディスプレイ:5.5インチ ゴリラガラス3 1920×1080ドット
  • CPU:Qualcomm Snapdragon 615 1.7GHz オクタコア
  • RAM:2GB
  • ROM:16/32GB
  • アウトカメラ:2100万画素 CMOS F2.0
  • インカメラ:500万画素
  • サイズ:148×75×8.9-10.9mm 169g
  • ネットワーク:FDD-LTE(1/3/5/6/8/19/20/28)TDD-LTE(38/41)/Wi-Fi (a/b/g/n/ac)/Bluetooth 4.1 
  • バッテリー:3630mAh

外観は基本的にブラックとホワイトですが、オプションで変更することも可能です。

moto x play

 

Moto X Style

Moto X Style

Moto X Styleは300Mbpsの高速通信が可能な最上位モデルで、2015年9月以降にグローバル販売を開始します。

 

基本スペック

  • Android OS:Android 5.1.1
  • ディスプレイ:5.7インチ ゴリラガラス3 2560×1440ドット
  • CPU:Qualcomm Snapdragon 808 1.8GHz ヘキサコア
  • RAM:3GB
  • ROM:16/32/64GB
  • アウトカメラ:2100万画素 CMOS F2.0
  • インカメラ:500万画素 広角レンズ
  • サイズ:153×76.2×6.1-11.06mm 179g
  • ネットワーク:FDD-LTE(1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/20/25/28)TDD-LTE(40/41)/Wi-Fi (a/b/g/n/ac)/Bluetooth 4.1 
  • バッテリー:3000mAh
  • その他:IP52防水防塵仕様/Turbo Charging

外観は基本的にブラックとホワイトですが、オプションで変更することも可能です。

 

共通点

両モデルともに、純粋なAndroid OSを搭載しています。そのためメジャーアップデートにいち早く対応出来ます。おそらく、Android Mにもアップデートされるでしょう。

アルミフレームとカーブ形状のバックカバー、フロントステレオを搭載している点も同じです。デザインはNexus 6と似ていますが、製造している会社がどちらもMotorolaなので当たり前といえば当たり前ですね。

 

急速充電ことTurbo Chargingは10分の充電で約10時間分スマートフォンが利用可能な驚異的な急速充電技術です。

 

価格は不明で、欧州、中南米、北米、インド、中国などで発売予定で日本の発売は未定です。Nexus 6がMotorola製品で会っただけに、淡い期待を抱いています。


ソース:Motorola[1][2]

Twitterで新着情報を受け取る
follow us in feedly

スポンサーリンク