ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイス情報を気ままに更新しているデジタルメディアです。

中国 Meizu、フラッグシップモデルスマートフォン「Meizu MX5」を発表

約 3 分
中国 Meizu、フラッグシップモデルスマートフォン「Meizu MX5」を発表

MeizuMX52

中国 Meizuは同社のフラッグシップモデルスマートフォン「Meizu MX5」を発表しました。価格は16GBは1799元(約35,400円) 32GB 1999元(約39,300円)となっています。

フラッグシップモデルスマートフォンにしては、破格とも言えます。スペックもそれなりのものと思いきや、フラッグシップモデルと呼ぶに相応しいものになっています。

 

基本スペックは以下の通りです。

  • AndroidOS:Android 5.0 Lollipop ベース Flyme 4.5
  • ディスプレイ:5,5インチ 1920×1080ドット AMOLED ゴリラガラス 3
  • CPU:MediaTek Helio X10 2.2GHz オクタコア
  • RAM:3GB
  • ROM:16/32/64GB
  • アウトカメラ:2070万画素 レーザーAF/F2.2/
  • インカメラ:500万画素  F2.0/フォトネイション 2.0
  • ネットワーク:FDD-LTE/TD-LTE/Wi-Fi(a/b/g/n/ac)/Bluetooth 4.1
  • サイズ:149,9×74,7×7,6mm 149g
  • バッテリー:3,150mAh
  • その他:指紋センサー

 

素晴らしいですね。文句ありません。フルHDディスプレイに加えAMOLEDへと変更されました。明るくシャープでMX5の色域表現率はAMOLEDへ変更されたことで格段に向上しました。ディスプレイは1.3mmと薄く、タッチ速度も大幅に向上。前世代と比べ数千倍も体感速度があがったとしています。

 

Meizu Mx5

また、MiraVisionディスプレイという独自技術によりAMOLEDをより綺麗に、なおかつ省電力性に優れています。また、MiraVisionは太陽の光を自動的に検出し、輝度に加えコントラストレベルを調整し太陽直下でも見やすいようにしてくれます。

本体の100%金属で出来たボディは通信機能に影響を与えないよう様々な工夫がこなされています。ボディには68段階のプロセスに分けられ製造されていることが驚きです。1台仕上げるのに30日時間がかかるそうです。

MeizuMX5 指紋

Meizu MX5では指紋センサーをホームボタンとして設置しました。それに伴い、ホームボタンの耐久性も向上したそうです。その耐久性は30万回押しても大丈夫だとか。水や汚れによる腐食を防止し、防水シリコンゲルの層が別途あるため水場の環境でも安心して指紋認証が行えます。
Meizu MX5の指紋認証システムをmTouch 2.0と呼びます。TEEセキュリティに基いて設計されており、サードパーティ製のアプリでもAPIを利用し指紋認証による解除も可能になる他、それによって外部に指紋が流出するのを防ぐことが出来ます。

MeizuMX5camera

カメラにはソニーモバイル製IMX220を採用しています。大幅にカメラ性能は向上し0.2秒の高速ピント合わせやレーザーAFなどを搭載しています。720pの100FPSスローモーション動画も撮影可能です。その他に4k撮影など。

MeizuMX5 Meizu MeizuMX52 キャプチャ

UI等を見るとiPhoneにソックリですが、スペック、デザイン共にこの価格は破格と言えそうです。ASUSのZenFone 2に負けない価格とスペック、これが日本でも発売されれば嬉しいのですが・・。個人的にMeizuは私は好きです。独自OSのFlyme 4.5が何とも可愛らしい・・。笑

 

ソース:Meizu

Twitterで新着情報を受け取る
follow us in feedly

スポンサーリンク