ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイスの最新情報をお届けしているモバイル総合情報サイトです。


Apple、ウェアラブルデバイス向けOS「Watch OS 2」を発表

スポンサーリンク

 

AppleはApple Watchに搭載されているウェアラブルデバイス向けOS「Watch OS 2」を発表しました。

 

WatchOS 2は更に磨きがかかりました。

 

文字盤が更に増え、世界各地の象徴的な場所をタイムラプスを用いており、それが文字盤となっています。

Watch Face

その他に、デバイス内にある写真をランダムで選んで、それを文字盤の背景にできる他、お気に入りの1枚を選びそれを背景に設定することも可能です。

my WatchFace

 

タイムトラベル機能というのも追加されており、過去・現在・未来の天気予報をデジタルクラウンを回して確認ができます。天気予報以外にも明日の予定や時間を戻してニュースを確認・・・なんてことも。

 

ナイトスタンドモードが追加されました。手首からWatchを外したあともナイトモードとして時間を書くにできたり、アラーム機能として利用可能です。

 

パフォーマンスの向上にも成功し、アプリケーションがネイティブで動作するようになりました。要は、Apple Watchが直接処理をするということです。

 

と言った具合に、まだまだ開発途上であるWatch OSですが確実に進化を遂げています。ここで挙げたもの以外にも機能の強化がされており、期待できるOSの一つです。

 

ソース:Apple

 

Writer

管理人編集部
GadgetGeek(ガジェットギーク)を2012年に立ち上げた。またフリーライターとしても活動。Engadget 日本版 / プレジデント / VRInside / モバレコ / など。お仕事承ります!
Return Top