ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイス情報を気ままに更新しているデジタルメディアです。

【反論】スマートウォッチって毎日充電のがめんどくさいって言うケド・・。

約4分
【反論】スマートウォッチって毎日充電のがめんどくさいって言うケド・・。

DSC01279

Android WearのLG G Watchを毎日使っている管理人です。Apple Watchも発売されて、ウェアラブルデバイス市場が活発化しています。インターネットを見ていると「充電を毎日するのがめんどくさい」という声が多く見受けられます。そこで今回は充電に関して反論していきます。

 

 

スポンサーリンク


通知を受け取って返信するくらいなら1日余裕で持つ

 

私はLG G Watchを使っていますが、朝の8時~21時過ぎの間は家にいません。つまり、充電ができない時間帯です。この時間帯はLG G Watchに届いた通知に対してアクションをしています。通知は1時間に5~10通程入ります。帰宅することには100%あった充電は51%程になっています。計算すると大体13時間駆動です。

DSC01278

そう考えると充電の持ちは決して悪く無いと思えませんか?基本的に24時間常に活動している人間は早々いないと思います。仮に残業で長引いてしまった場合でも電池は持つでしょう。

 

毎日充電するのが面倒くさい・・では、スマートフォンはどうなの?

毎日充電するのが面倒くさいと、、言いますが、毎日身に付けるものとしてスマートフォンがありますよね。スマートウォッチを使うのであれば母艦であるスマートフォンは必ず必要です。そのスマートフォンは毎日充電しますよね?スマートウォッチもそれとおなじ感覚だと思うんです。

 

時計は常に身につけている装飾品ですが、寝る前は必ず外しますよね?その時、机などに置くはずです。スマートウォッチの充電はそれの延長線上にしか過ぎないと筆者は思っています。

 

今の世の中、ワイモバイルと格安SIMとの2台持ちも当たり前になりつつあるので複数台の充電は面倒臭く無いはずなんですよね。

 

時計としての機能は・・要改善

スマートウォッチ、、時計としての役割を十分果たせるかというと微妙です。太陽直下ではまず見えにくいです。また、LG G Watchの場合は光センサーがないので自動で調整してくれません。時計メインで使う!となると不便な部分が多く見受けられます。

 

時計とではなく、通知を受け取る為に購入する方は問題ありませんが、時計としてもフル活用したいと考えている方は割り切りが必要です。やはりアナログ時計には勝てません。

 

 

結局は買いたいやつだけ買えば良い

いろいろ言ってきましたが、商品は一定の需要があるから販売される訳です。なので買いたい人だけ買えば良いのだと思います。時計としての機能はイマイチですが、あなたのデジタル環境が大幅に変化します。音楽のコントロールは電車内でも非常に重宝しますし、天気予報の通知も、LINEの通知も便利です。

 

スマートウォッチ上でもゲームやブラウザはありますが、それらはスマートフォンの方でやればいいことです。わざわざ、小さいディスプレイ上で操作する必要は全くありません。

 

購入を考えている方は以下の項目を読んで検討してみるのもアリですよ。

 

Android Wear上できる事(一部)

  • 通知の受け取り及び返信ができる
  • 軽いゲームが出来る
  • ブラウザでブラウジング可能
  • 時計面を好きにデザインしたり、変更できる
  • 音楽の制御が行える(スキップ、音量調整など)
  • カメラのリモート撮影が行える
  • Google Nowと連携して天気予報、交通情報など各種通知が表示される
  • 電卓をスマートウォッチ上で行える
  • 歩数などのアクティビティ情報を表示してくれる
  • ナビをした場合に道筋を表示してくれる

Twitterで新着情報を受け取る
follow us in feedly

スポンサーリンク