ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイス情報を気ままに更新しているデジタルメディアです。

「GalaxyNote20」、「GalaxyNote20 Ultra」発表

約 4 分
「GalaxyNote20」、「GalaxyNote20 Ultra」発表

Samsungは8月5日(現地時間)に「Galaxy Note20」と「Galaxy Note20 Ultra」を発表した。Galaxy Note20シリーズは2020年8月21日から一部市場で発売予定。国内ではauやdocomo、楽天モバイルがGalaxy Noteシリーズを展開してきたため、今回もその慣例に当てはまると思われる。

 

スポンサーリンク


Galaxy Note20シリーズの主な変更点

Galaxy Note20シリーズは下記機能がGalaxy Note10シリーズと比べて向上している。

【Galaxy Note20シリーズ 共通】

  • Sペンのレイテンシが9msに(Apple Pencilと同等)
  • SペンジェスチャのAir actionが全アプリで利用可能に
  • Samsung Notesアプリがマルチデバイス対応
  • Samsung Dexがワイヤレスでも接続可能に
  • Microsoftとの連携機能がより強固に

SペンとMicrosoft提携

正統進化ともいえるGalaxy Note20シリーズは、Sペンのレイテンシがついに9msとなった。これはApple Pencilと同等のレイテンシとなる。Galaxy Noteはメモ取りが中心になる機種のため、Samsung Notesの機能がより強固に。

SamsungはGalaxy Note10シリーズからMicrosoftとの提携をより本格化。WindowsでGalaxy Note10から届く通知を確認したり、電話を発信するといった事ができたが、Galaxy Note20シリーズではSamsung Notesにも提携範囲が広がる。

具体的には「メモしたデータをOneNoteに同期」。「リマインダをOutlookに同期」、「Windows上でGalaxy Note20にインストールされてアプリを起動する事ができる」といった具合だ(多分このあたりはGalaxy Note10シリーズにも適用されそう)。

Dexがワイヤレス化

Samsung Dexは今まではスマートフォンとPCを有線接続する事でPCのようなUIでWordやPowerPoint、ブラウジングなどができていたが、これがワイヤレスでも接続できるようになる。

HUAWEIの機種ではGalaxy Note20よりも早い段階でワイヤレスでもPCモードができるようになっていたが、動作がキビキビとしないなど改善が必要な箇所が見受けられたが、Galaxy Note20ではこれがどのような動作をするか気になる所。

詳細スペック

詳細スペックは下記の通り。SoCはExynos版とSnapdragon版の2つあるが、このスペックではSnapdragon版を記載。

価格は米国価格でGalaxy Note20は999.99ドル(約105,000円)、Ultraは1299.99(約137,000円)となる。

Note20 Note20 Ultra
Android OS Android10
ディスプレイ 6.7インチ
Super AMOLED
2,400×1,080ドット
60Hz
6.9インチ
Dynamics AMOLED 2×
3,088×1,440ドット
120Hz
SoC Snapdragon 865 Plus
RAM 8GB 12GB
ROM 128GB 128GB / 512GB
アウトカメラ 1,200万画素(標準)
1,200万画素(広角)
640万画素(望遠)
光学3倍、
デジタル30倍
1億800万画素(標準)
1,200万画素(広角)
1,200万画素(望遠)
光学5倍、
デジタル50倍
レーザーAF
インカメラ 1,000万画素
ネットワーク Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth 5.0
4G / 5G
サイズ 161.6×75.2×8.3mm 164.8×77.2×8.1mm
バッテリー 4,300mAh
ワイヤレス充電対応
4,500mAh
ワイヤレス充電対応
その他 顔認証、
画面埋め込み型 指紋センサ
IP68相当の防水・防塵

ソース:Samsung NewsRoom[1][2] / Galaxy

Twitterで新着情報を受け取る
follow us in feedly

スポンサーリンク