ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイス情報を気ままに更新しているデジタルメディアです。

【レビュー】SoundPEATSの完全ワイヤレスイヤホン「TrueFree+」

約 4 分
【レビュー】SoundPEATSの完全ワイヤレスイヤホン「TrueFree+」

SoundPEATSさんから、「TrueFree+」をご提供いただきましたので、レビューさせていただきます。

 

スポンサーリンク


Q32と比べ、より使いやすくなった

 

以前、Q32をレビューしましたが、その時よりも蓋の開閉が簡単になっていました。Q32には蓋を閉じると爪が引っかかり、ふいに蓋が開いてしまわないようになっていましたが、逆に爪が強すぎて開けるのに苦戦していました。(結局それを繰り返すうちに蓋の爪は割れてしまいました)

が、今回は蓋が開かないようにする機構がマグネットに変更されており、開閉が片手でも楽にできるようになりました。また、バッテリーの容量は減ってしまいましたが、その分小型軽量化されており、より携帯性に優れています(Q32は141g、TrueFree+は109g)。

イヤホン自体の取り回しも変わらず、耳にスポッとはいってくれるので苦にならず、快適です。

付属品

イヤーピース各種と充電用Micro USBケーブル、説明書です。専用ポーチはついていませんでした。

TrueFree+の仕様

充電にはMicro USBを用います。高速充電器利用不可とのことです。1A以下のアダプターを使用すると良いでしょう。1回の充電でイヤホン単体で4時間使用できます。ケースにて8回程度フル充電ができるので、合計約35時間利用できます。

イヤホンにはマイクを内蔵しています。対応コーデックはSBCとAACで。Bluetooth5.0に対応します。

ペアリングはそれほど難しくなく、Q32同様電源はケースから取り出すと自動的にONに、収納するとOFFになります。

ペアリングもケースから取り出してONになると自動的に始まりますが、物理ボタンの場合は電源がONになっても長押しし続けることでペアリングモードに入ります。

また、ケースから片方だけ取り出した場合は片耳(モノラル)モードで起動します。ペアリングも同様です。

音質

TrueFree+は公式にAACコーデックに対応しているということで少し期待しましたが、Q32と比較して特にコーデックでの音質の差は感じられませんでした。

ただ、イヤホン自体の音質が良くなっていると感じました。Q32と比較して、高音、中音が綺麗に鳴っているに加え、低音が少し強化されている印象です。音量も気持ち大きくなっているように感じ、音量を大きめで聞く私でも満足です。

通話に関してもQ32では聞こえにくいと言われていたのが車が通る道のそばを歩きながらの通話でも特に問題はなかったようです。マイクの性能が上がったのでしょうか。

持続性

人が多く集まる駅(JR大阪駅、JR天王寺駅、南海難波駅、京都駅、新大阪駅)では頻繁にプツプツと音切れが目立ちました。これは通常のBluetoothイヤホンでも起こる現象です。しかしながら、同社の「Q35 Pro」より途切れやすい印象です。逆にそれ以外の場所で途切れることはほとんどなく、快適でした。

まとめ

5000円以下で買える完全ワイヤレスイヤホンの中ではかなり良い出来だと思います。使いやすさは変わらず、実用の範囲内でケースのバッテリーを減らし、持ち運びやすさや音質を向上させバランスをきれいに取ったなと言う印象です。

Q32に加えてこれからも愛用していきたいです。

 

 

Twitterで新着情報を受け取る
follow us in feedly

スポンサーリンク