ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイス情報を気ままに更新しているデジタルメディアです。

LenovoがGoogleアシスタントに対応させた「Smart Clock」を発表

約 2 分
LenovoがGoogleアシスタントに対応させた「Smart Clock」を発表

なんにでも機能名称の頭に「AI○○」を付ければ良い風潮がありました。さて、家電見本市のCES 2019ではLenovoからGoogle Assistantに対応させた時計「Smart Clock」を発表しました。価格は79.99ドル。

4インチサイズの小さなディスプレイはタッチに対応。Lenovoいわく、スマートフォンで就寝前にメールや通知をチェックしてスクロールする習慣のせいで、快適な睡眠が阻害されているのではないかと。夕方以降に触りだすスマートフォンの操作時間を減らし、より良い睡眠をとって欲しいらしいです。明日の予定やメールをチェックするのは寝室においてある「Smart Clock」に睡眠前に確認するだけで。スマートフォンと向き合う時間が減らそうという考えのようです。

Google Assistantはルーティンに対応しています。「おやすみ」とGoogleに声をかけることで明日の天気予報を確認し、予定をチェック、その後部屋の電気を暗くするといった一連の動作を「おやすみ」の一言で済ませられます。

背面にはUSB ポートがあり、これでスマートフォンを充電できます。Chromecast機能も備えているので音楽や動画を観ることもできます。Smart Clockと言っていますが、要は小さなスマートディスプレイってことです。

日本でもAmazonが「Echo Spot」を発売していますね。それと立ち位置は同じです。

そんなことより、早く日本でもGoogleのSmartDisplayが発売されないかな・・・。

ソース:Lenovo

Twitterで新着情報を受け取る
follow us in feedly

スポンサーリンク