ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイスの最新情報をお届けしているモバイル総合情報サイトです。

UQ mobileが独占、「OPPO R17 Neo」発表

約 2 分

UQ mobileは同社の独占モデルとしてOPPO R17 Neoを発表しました。OPPO R17 Neoはディスプレイ内に指紋センサーを内蔵。ディスプレイ内蔵型の指紋センサーは日本では初の登場です。

スペックとしてはミドルハイレンジに相当するもので、多くのアプリを難なくこなすことができる優等生なQualcomm Snapdragon 660を採用。RAM容量は4GB、内蔵ストレージは64GBとなっています。ディスプレイサイズは6.4インチでアクティブマトリクス方式の有機ELを搭載しています。解像度は2,340×1,080ドットです。一括購入時の端末代金は38,988円に設定されています。

フロントカメラは2500万画素でOPPOの強みというか特徴的な部分でもあるA.I.を搭載したセルフィー機能にあります。800万種類のデータに基づいて、ユーザーの顔をよりナチュラルに補正してくれるものです。

一般販売向けにはOPPO R15 Neoが販売されていますが、全体的なスペックはOPPO R17 Neoのほうが一段と上で15 Neoがスペックで勝る部分はありません(強いて言うならバッテリー容量)。そのおかげもあり、価格は1万円ほどOPPO R15 Neoのほうが安いのも事実です。

ソース:UQ mobile

Twitterで新着情報を受け取る
follow us in feedly

スポンサーリンク