ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイスの最新情報をお届けしているモバイル総合情報サイトです。

スタンドアローン型VR「Oculus Go」が国内発売へ

約 2 分

Facebook傘下のOculusはスタンドアローン型(独立動作型)のVRヘッドセット「Oculus Go」を日本国内で発売を開始しまいた。価格は32GBモデルが23,800円、64GBモデルが29,800円でいずれみ税込みです。

「Oculus Go」はモバイル型のVRヘッドセット同程度の性能を持っており、スマートフォン不要で本体さえあればどこでも使えるのが特徴です。「Oculus Go」は2,560×1,440ドットのディスプレイを搭載しており、Samsung Gear VRでも利用できたOculus Storeを使ってアプリケーションをダウンロードします。アプリケーションは現在でも1,000以上あり、Google DayDreamの250種類以上を大幅に超えています。

「Oculus Go」は上下左右を見渡したり、見上げる見下ろすような動作はできてもしゃがむ、体を動かす、移動するといった動きには対応しません。そのため、動きのある動作についてはコントローラーを使って操作するといった別の方法で行う必要があります(アプリがサポートしている場合に限る)。

SoCはQualcomm Snapdragon 821を搭載しており、3Dオーディオ機能を備えているため、ヘッドホン不要です(オーディオジャックもありますよ)。オプションで度付きのレンズが別途販売されますが、メガネを着用した状態でも使用できます。

ソース:Oculus

Twitterで新着情報を受け取る
follow us in feedly

スポンサーリンク