ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイスの最新情報をお届けしているモバイル総合情報サイトです。

【まとめ】ここ数日の間に発表された新機種スマホ Vol.3

約 3 分

海外主要メーカーがここ数日間で新しく発表したスマートフォンを一挙に紹介します。一部不掲載なものがありますが、ご了承ください。

 

スポンサーリンク


nubia Red Magic

苦境に立たされているZTEの傘下であるNubiaが高冷却構造のゲーミングスマートフォン「Red Magic」を発表しました。価格は2,499元(約4.3万円)で2018年5月1日に発売予定です。

「Red Magic」はQualcomm Snapdragon 835にRAM容量が6 / 8GBを搭載したハイスペックモデルでAndroid 8.1ベースの「RedMagic OS」が搭載されています。ゲームに最適化された当機種は3層のグラファイト素材を内部に利用し、空気の流れる溝を作り冷却効果を高めています。ゲーミングスイッチをオンにすることでゲームの動作を最適化することができます。

ディスプレイサイズは6インチ(2,260×1080ドット)の18:9ワイドディスプレイです。

https://www.nubia.com/nubiaredmagic

Panasonic P101

パナソニックからもインド市場向けに18:9ワイドディスプレイ搭載の「P101」が発表されました。価格は6999ルピー(約1.1万円)で、SoCはMediaTek MT6739Wを搭載しています。

RAM容量は2GB、ROM容量は16GBとなり、ディスプレイサイズは5.45インチの1,440×720ドット(ビックビューディスプレイと呼称している)です。良くも悪くもエントリークラスのワイドディスプレイ搭載スマートフォンというだけです。

https://mobile.panasonic.com/in/smartphones/p101

Oppo A3

Oppoは19:9のワイドディスプレイを搭載したミッドレンジスマートフォンの「Oppo A3」を発表しました。MediaTek Helio P60を搭載。ディスプレイサイズは6.2インチ(2,280×1,080ドット)で有機EL採用。RAM容量は4GB、ROM容量は128GBです。

指紋認証センサーは非搭載ですが、フェイスアンロックに対応しています。背面が印象的なデザインです。ダイアモンドみたい。

https://www.oppo.com/cn/product/a3/

Moto E5 / E5 Plus

レノボ傘下のモトローラは「Moto E5」と「Moto E5 Plus」を発表しました。第5世代の2018年モデルです。価格は約2.0万円~2.3万円とエントリークラスです。どちらもQualcomm Snaodragon 425を搭載しており、18:9のワイドディスプレイを採用しています。

ディスプレイサイズが「Moto E5」が5.7インチ、「Moto E5 Plus」が6.0インチでどちらも1,440×720ドットです。

https://www.motorola.co.uk/products/moto-e-gen-5

 

Twitterで新着情報を受け取る
follow us in feedly

スポンサーリンク