ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイスの最新情報をお届けしているモバイル総合情報サイトです。

2.5Dディスプレイでも全面吸着の保護ガラス、「DomeGlass」のレビュー

約 4 分


2.5Dディスプレイでも隅まで保護できる「DomeGlass」を販売している「Whitestone」社に提供していただきましたのでレビューしていきます。
筆者は普段GalaxyやiPhoneなどのスマートフォンを使用しています。最近の流行りは角が丸くなっている2.5Dディスプレイを採用している端末が多く保護ガラスでは隅まで保護することが難しくなってきました。特に「GalaxyNote8」を使っているときに気になっていたのが保護フィルムを貼っている時のSペンでの描き心地です。
今までの保護ガラスでは縁に吸着用の糊が付いており、ガラス自体に黒縁が付いていました。画面とガラス少し浮いているため、Sペン使用時では普段より気持ち強めにSペンを使用しなければなりませんでした。さらに筆者はこの黒縁が横から画面を覗いたときに少し画面と被るのが嫌で保護ガラスは使っていません。というのが今までの私です。
ところがこの「DomeGlass」では液体状の糊をガラス貼り付け時に画面に乗せ伸ばすことで、透明でラウンド部まで保護でき全面吸着でSペンも安心して使うことが出来る商品になっています。


【内容物】

  • 保護ガラス本体
  • 紫外線照射器
  • スマートフォン固定用のホルダー
  • アルコールシート
  • ホコリ取りシール
  • 画面拭きクロス
  • 説明書(英語のみ)

 

スポンサーリンク


貼り付け時に少々コツがいるかも!?


まずはスマートフォンの画面の指紋等を綺麗に拭き上げ、貼り付けキットにスマートフォン本体をセットます。
ここでエアーダスター等を使い最後にホコリを飛ばします。
その後に接着剤を流し込むのですが液がスピーカー部分に入らないように保護シールを貼ります。

スマートフォンを固定するホルダーに接着剤を流すための器具を固定します。
保護ガラスには接着剤は付いていないので入念に位置を調整する必要があります。
接着剤を流し込み保護ガラスを置いたら接着剤を硬化させるために、紫外線照射器をホルダーに固定し紫外線を照射します。
1回目の照射は上部、中央、下部と30秒ずつ行います。
紫外線照射器にて硬化させている様子

2回目の照射はスマートフォンをホルダーから外し、1回目と同じように上部、中央、下部にかけて行うのですが完全に硬化させるために、各60秒ずつ行います。

※本当はUVはスマートフォンに対して縦に置いて1回で済むみたいです。

ガラスが隅まで攻めている事がわかる。

すると完全に硬化し、気泡もない綺麗な貼り付けを行うことが出来ました。少し貼り付けに手間がかかりますが、製品はとても素晴らしく2.5Dディスプレイのスマートフォン用の保護ガラスの弱点を無くした製品と思いました。

「DomeGlass」ですがNTTドコモが専売品として発売することが決まっており、気になる方は要チェックです。

対象機種:V30+ L-01K /JOJO L-02K / Xperia XZ2 SO-03K / Xperia XZ2 Compact SO-05K / Xperia XZ2 Premium SO-04K / Galaxy S9 SC-02K /Galaxy S9+ SC-03K / HUAWEI P20 Pro HW-01K / AQUOS R2 SH-03K

 

Twitterで新着情報を受け取る
follow us in feedly

スポンサーリンク

寄稿者

hiroaki
ガジェット好きな文系大学生です。趣味でライターをやらせていただいてます。
Follow :