ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイス情報を気ままに更新しているデジタルメディアです。

「FREETEL REI 2 Dual」と「HUWAEI nova lite 2」の比較

約 6 分
FREETELブランドが「REI 2 Dual」と「Priori 5」を発表、初のQualcomm製SoC採用
REI 2 Dual

FREETELがREI 2 Dualを発表しましたが、これと似たり寄ったりのスペックであるスマートフォンがHUWAEIからも登場しています。それは「nova lite 2」です。というわけで、今回は比較をしていきます。

FREETELブランドが「REI 2 Dual」と「Priori 5」を発表、初のQualcomm製SoC採用

ファーウェイ・ジャパン、「nova lite 2」を発表、Android 8.0搭載で約2.5万円

REI 2 Dual nova lite 2
Android OS Android 7.1.1. Android 8.0
ディスプレイ 5.5インチ
1,920×1,080ドット
5.65インチ
2,160×1080ドット
SoC Snapdragon 625 Kirin 659
RAM 4GB 3GB
ROM 64GB 32GB
アウトカメラ 1300万画素
+
1300万画素
ソニー製 CMOSセンサー
1300万画素
+
200万画素
インカメラ 1600万画素 800万画素
ネットワーク DSDS対応
Bluetooth 4.2
Wi-Fi(a/b/g/n/ac)
VoLTE対応
DS非対応
Bluetooth 4.2
Wi-Fi(b/g/n)
VoLTE対応(SB)
サイズ  152×75×7.9mm
158g
150.1×72×7.45mm
143g
バッテリー 3300mAh 3000mAh
その他 USB Type-C
指紋センサー
イヤホンジャックあり
micro USB端子
指紋センサー
イヤホンジャックあり
価格 36,800円(+税) 25,980円(+税)

単純な比較で勝っているほうを太字にしています。判断が難しいものは太字にしていません。価格差が1万円違うため、REI 2 Dualのほうが高性能になるのは仕方ないといえます。ディスプレイはREI 2 Dualは従来のアスペクト比なのですが、nova lite 2は流行りの縦長ディスプレイを採用しています。このアスペクト比の単純比較は非常に難しいところですが、縦長ディスプレイのほうがマルチタスクに向いており、縦の情報量が多いです。

 

スポンサーリンク


カメラによる違い

ソフトウェア処理も含めると現状判断できません。

カメラについても画素数で比較できないという点で未評価です。ただしデュアルカメラにRGBとモノクロセンサーを採用している REI 2 Dualはnova lite 2よりも綺麗に撮影できるのではないかと予想しています。それでも、ソフトウェア処理によって画質は多く左右されがちなので、実機をみるまで分かりません。

インカメラは美顔モードが細かく設定できるREI 2 Dualは非常に興味深いです。私はデュアルカメラよりも、インカメラのほうが気になります。nova lite 2にも美顔モードがありますが、ここまで細かくは設定出来ません。

SoCによる違い

ほぼ同じです。

SoCはREI 2 DualがQualcomm Snapdragon 625です。対するnova lite 2はKirin 659。この2つは非常に近い性能です。AnTuTu Benchmarkでは3DスコアがSnapragon 625のほうが2000点ほど高いですが、UX、CPUではUXが3000点、CPUが1000点、Kirin 659のほうが勝っています。ただし、この微妙な違いによってどれほど差を出すのかは分かりません。経験からして殆どないと思います。

ただし、RAM容量はREI 2 Dualが1GB多い4GBです。1GBの差は案外大きく、多くのタスクをこなすうえで重要な要素となってきます。

品質やサポートの違い

品質やサポートの違いについてです。MAYA SYSTEMはITmedia Mobileの取材で次のように応えています。

長谷川氏 ここは、今までのFREETELの反省点でもあります。発売を急ぐあまり、故障率が高かった。われわれとしては、きちんとクオリティーにこだわっていきたい。そこを変えて今回の新機種を発売し、信頼されるものにしていきたいと思います。

引用:http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1802/09/news057_3.html

FREETEL製品は製品品質は酷すぎる訳ではありませんが、いいとも言えません。REIを使っていたことがありますが、FREETEL ボタンが壊れましたし、バグもとても多かったです。こういった点ではソフトウェア、ハードウェア含めて当時は不安感がありました。REI 2 Dualでは改善されているといいのですが・・。

次にサポートですが、HUAWEIは修理店、LINEによるサポートなど、多くのサポート手段を備えています。画面やバッテリー交換は銀座などにある修理店でその場で修理してくれますし、点検サービスによる延長保証の加入といったオプションも用意しています。

FREETELに関しては、SAMURAI REI発表当時、Android 7.0アップデート予定と謳っていましたが、発売から約2年経った今でもアップデートは来ていません。こういった過去を踏まえると既に最新じゃないAndroid 7.1.1でスタートしたREI 2 DualにAndroid 9.xが降ってくる可能性は確実とはいえません。

ただし、これはnova lite 2に対してもいえることです。価格が抑えられている点もあり、長期的なソフトウェアサポートを行うとは限りません。過去にもHonor 8のOSアップデートが制約により不可能になったこともあるので、なんとも微妙なところです。ただセキュリティパッチといった細かいパッチ修正はnova lite 2のほうが多く来るのではないかとこれまでの経験から予想しています。

価格差が1万円あることも踏まえて、参考にしていただければ幸いです。

 

Twitterで新着情報を受け取る
follow us in feedly

スポンサーリンク