ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイスの最新情報をお届けしているモバイル総合情報サイトです。

ながらスマホによる事故防止に! 超コンパクトなBluetooth、SoundPEATS D6 レビュー

約 4 分
ながらスマホによる事故防止に! 超コンパクトなBluetooth、SoundPEATS D6 レビュー

 

スマホで音楽を聴くのに定着してきた感のあるBluetoothアイテムですが、今回はSoundPEATSより提供していただいた、両耳ではなく片耳で聴くタイプのSoundPEATS D6をレビューしたいと思います。

 

スポンサーリンク


仕様

パッケージです。ブラックにブルーが映えるクールなデザインです。SoundPEATSのロゴが逆さまの状態になっていますが細かいところは気にしないでおきましょう。

Bluetooth規格 Bluetooth 4.1+EDR
Bluetoothプロファイル HSP,HFP,A2DP,AVRCP
オーディオコーデック SBC,AAC
最大通信距離 10m
待機時間 120時間
作動時間 (通話 5時間、音楽4.5時間)
充電時間 40分〜120分
入力 DC 5V / 350mA
サイズ 27×25×16mm
質量 4g

 

開封

開封しました。イヤホン本体、USB充電クレイドル×2、イヤーピース×2、その他はポーチ、マニュアルで日本語もサポートされています。

充電クレードルは折れ曲がるタイプで、何故かふたつ付属しています。完全に専用のマグネットでひっついて充電するタイプです。

サイズ感が分かりやすいように100円硬貨と比較しました。片耳、そのうえコードレスなのでかなり小さくなっています。

モバイルバッテリーで充電してみました。青いランプが点灯、充電が完了すると消灯されます。

接続

電源を入れて端末とペアリング、すぐに接続できました。電源オンにして端末に表示されたらタップ、これだけで完了です。

装着,視聴

装着感はコンパクトということもあって耳にフィットしやすくなっています。普段は左右がコードで繋がっているイヤホンを使用しているのでかなり軽快なフィーリングでした。

音楽視聴してみた感想としては片方の耳が空いているのでステレオ感はありませんが、目立ったノイズもなく通勤中でも周りの音が聞こえやすいので新鮮な感覚でした。両耳を密閉した状態で音楽を聴きながら通勤の人波を歩くよりは安全なのではないでしょうか。

果たして需要は?ながらスマホ事故を減らせるか

筆者は普段は通勤や電車移動中にBluetoothイヤホンを使用していますが、ステレオカナルタイプでの音楽視聴がメインになっているので、片耳のモノラルイヤホンとは無縁でした。今回レビューする機会に恵まれたので「今後使用していくのか?」を考えてみました。

今後使用していくメリットを考えてみると、片耳は外の音が聞こえるので電車の乗り越し防止、通勤で人混みの中を移動中の事故防止、仕事場で音楽を聴きながら周りの声も聞こえる状態で作業(集中する場合は両耳ですが)、スマホで人に見られたくない動画を見ている時、知らない間に後ろに人がいたということが減りそう、といった所でしょうか。

昨今問題になっている「ながらスマホ」事故の防止に繋がる可能性もあるモノラルイヤホン、ステレオ、音質に特別の拘りがなければ十分実用に耐えうるコンパクトで自然な装着感のアイテムと言えそうなSoundPEATS D6、です。

Twitterで新着情報を受け取る
follow us in feedly

スポンサーリンク



寄稿者

あだっち
■得意分野:イベント現地レポ、カメラ撮影作例、ゲームアプリ

一般人以上、ガジェクラ未満なガジェット好きな大阪のオタクJK2です。
Follow :