ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイスの最新情報をお届けしているモバイル総合情報サイトです。

Samsung、InfiniteDisplay採用の「Galaxy A8 / A8+(2018)」を発表、

約 2 分

SamsungはInfiniteDisplay(インフィニティディスプレイ)を採用した2018年モデルの「Galaxy A8」「Galaxy A8+」を発表しました。2018年1月頭にグローバル市場で発売予定です。

「Galaxy A8(2018)」「Galaxy A8+(2018)」はGalaxyスマートフォンとして初のフロントデュアルカメラを搭載しています。フロントカメラはF値1.9の1600万画素+800万画素の組み合わせで800万画素のカメラで被写界深度を捉える目的として使用されます。

アウトカメラは1600万画素でシングルカメラとなります。指紋認証センサーはフロントから背面へと変更。ディスプレイサイズは「Galaxy A8(2018)」が5.6インチ、「Galaxy A8+(2018)」が6.0インチで18.5:9の縦長ディスプレイを採用。Super AMOLEDのためスリープ状態でも時計や通知を確認できるAlways on Displayが利用できます。

またAシリーズとしては初となる「Samsung Gear VR」をサポートしました。また、IP68等級の防水防塵、モバイル決済サービス「Samsung Pay」などプレミアム向けスマートフォンに搭載された機能も本機種では採用されています。

【Galaxy A8 / Galaxy A8+仕様】
下記は共通スペックです。

  • Android 7.1.1
  • 5.6インチ (2220×1080ドット)
  • Bluetooth 5.0
  • Wi-Fi 5.0GHz ac規格
  • 4 / 6GB RAM
  • 32 /64GB ROM
  • USB C端子
  • IP68等級 防水防塵

 

ソース:Samsung

Twitterで新着情報を受け取る
follow us in feedly

スポンサーリンク