ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイス情報を気ままに更新しているデジタルメディアです。

楽天、携帯キャリア事業(MNO)への新規参入を発表

約2分
楽天、携帯キャリア事業(MNO)への新規参入を発表

 

楽天は12月14日、携帯電話サービス業への新規参入を発表しました。2019年にも独自のサービスを展開し、ローンチする意向を明らかにしています。

楽天は「楽天モバイル」として他社の回線設備を借りて携帯電話サービスを提供してきました(MVNO)。これが新規参入により自前の基地局および通信網を持つことでNTTドコモやKDDI au、ソフトバンクといったキャリア同等のサービス(MNO)を提供できるようになります。実現すれば2019年からは3大キャリアから4大キャリアというような形に国内の体制が大きく変わることになります。

MVNOとして展開中の楽天モバイルはFREETELユーザーを取り込み、現在はMVNO業界において約140万人のユーザーを抱えるトップシェアを誇っています。MNO事業への参入が実現した場合、Eコマース、FinTech、デジタルコンテンツといったサービスを包括的に提供できる世界的にも珍しい事業会社となるとしています。また、楽天スーパーポイント、MVNO事業で培ったノウハウを組み合わせることで低廉で利用しやすい携帯電話料金を提供するとともに、オンラインショッピングやストリーミングサービス等の決済手段を包括的に提供できるといいます。

楽天は2019年度中にサービスを開始する予定で、1,500万人以上のユーザー獲得を目指す方針です。また資金調達残高は2019年のサービス開始時において約2000億円、2025年においては最大6000億円となり、その後は残高が逓減していくと見通しをたてています。

ソース:楽天

Twitterで新着情報を受け取る
follow us in feedly

スポンサーリンク