ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイスの最新情報をお届けしているモバイル総合情報サイトです。

WordPressに「ads.txt」を設置する方法

スポンサーリンク

既に9月ごろから話に持ち上がりつつあるads.txtですが、これが未設置の場合広告が正常に配信されなくなる可能性があります。すでに私は3日間、配信されているのに気付かずに色々とゼロです。

【追記】

強行的に非表示にすることはないということです。非表示になってしまう原因として無料ブログの一部やads,txtの設置の仕方を間違えていることが挙げられます。https://twitter.com/android_sokuho/status/930240117398126592

 

 

スポンサーリンク


ads.txtについて

アズテキストと呼ばれるこのファイルは「プログラマティック取引おいて、偽造された広告枠や不正なインプレッションを防止する」役割があります。2017年5月にIAB(Interactive Advertising  Bureau)の研究組織Tech Labが発表したものです。簡単にいってしまえば透明性の高い取引を行う際、なりすましサイトによる悪影響を防ぐことができるもの。自分のサイトの信頼性の向上にもつながります。

詳しくはこちらに記載されています。
そこが知りたいads.txt!書き方は?設置方法は?導入するとどうなるの?

 

Google AdSenseにおけるads.txtの作成について

やり方としては簡単です。ドメイン直下にads.txtをアップロードするだけです。ads.txtに記述する文は次の通り。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0
google.com, pub-0000000000000000, RESELLER, f08c47fec0942fa0

赤文字はGoogleAdSenseのアカウント>アカウント情報にある「サイト運営者ID」になります。文字コードは「UTF-8」、WebFTPなどを用いてドメイン>public.html内に設置(アップロード)してください。文字コードを「UTF-8」ではないと設置されたことにはなりません。

設置後rtbtrというサイトでads.txtが設置されたか調べる方法があります。こちらで確認してください。

なお、ads.txtを設置してから反映されるまでに24時間強要するのですぐには表示されません。

【追記】
私の場合、16時間後には正常に配信が再開されました。

<この記事は参考になりましたか?>

(最終更新:2017-11-14)
Return Top