ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイスの最新情報をお届けしているモバイル総合情報サイトです。

3,000円を切るTronsmartのゲームコントローラー「Mars G02」をレビュー

スポンサーリンク

Tronsmartが発売しているゲームコントローラー「Mars G02」を使った感想と紹介をしていきます。

 

スポンサーリンク


特別なセットアップは必要なし

まず同梱物ですが、以下の4点です。

  • 本体
  • USBレシーバー
  • 充電用USBケーブル
  • 取扱説明書

接続に関しても特別なソフトウェアなどを必要とせず、USBマウスやキーボードと同じように接続することで自動的にドライバがインストールされます。ユーザーは事前準備の必要がなく、すぐに利用することができます。

必要なものは一式揃っている

利用時は本体中央のフックを持ち上げると電源もたんが現れ、2秒押下すると電源が入ってボタンのランプが点灯します。逆に電源を切るときは同じく電源ボタンを3秒押下すると電源が切れ、ランプが消灯します。

電源がONになるとABXYボタンが点灯
サイズ感はこんな感じ

2種類の方法によるワイヤレス接続

「Mars G02」ですが、無線接続をして利用できます。
それだけなら一般的なゲームコントローラーと同じですが、USBレシーバーによる接続とBluetoothによる接続の2種類をサポートしているのが特長でしょう。そのため、利用端末の仕様に合わせて接続方法を選択することが汎用性の高い仕組みといえます。

また、バッテリーに関しては約50時間の連続使用が可能です。充電はmicro USBによって行い、一般的なスマホの充電器で充電可能です。細かい仕様に関しては、以下の表にまとめています。

モデル名 Mars G02
接続方法 無線接続(USBレシーバー もしくは Bluetooth)
通信距離 10m
バッテリー容量 700mAh
稼働時間 50時間
バイブレーション デュアルモーター
対応機器 Android 4.0以上 / Windows Vista以上 / PlayStation 3

パソコンだけでなくスマホでも利用可能

「Mars G02」の便利なところが、AndroidやPlayStation 3にも対応しているという点です。

上述した通り、このゲームコントローラーはBluetooth接続にも対応してます。そのため、USBレシーバーが接続できないスマホであっても接続が可能です。

また、スマホホルダーも付いているため、写真のようにスマホをコントローラに固定してプレイすることが出来ます。固定される角度に関しては、カチッと音がする場所が1箇所あるだけでそれ以外で固定することは出来ません。

最大6inchくらいまでなら設置可能

左右スティックの感度は高め

コントローラーの左右にあるスティックの感度に関しては、比較的高めのようです。

試しに、スマートフォン版の「モダンコンバット5」と「World of Tanks Blitz」をプレイしてみましたが、デフォルトの設定では少し感度が高すぎました。そのため、少しスティックを傾けただけで大きくカメラが傾いてしまいます。FPSなど、繊細な操作を求めてくるゲームをプレイするのであれば、ゲームアプリ側の設定で感度を下げたほうが良さそうです。

ボタンの作りが安っぽい

一つ残念な点が、「ボタンの作りが安っぽい」ということです。

A/B/X/Yのボタンのうち「X」がグラグラしていて、押した時の感覚が鈍いです。
恐らくこれは個体差だとは思いますが、ゲームのプレイ中にボタンの感覚にばらつきがあると気になってしまいます。このあたりの作りはもう少ししっかりとしてほしかったところです。

ゲームコントローラー入門者にはオススメ

このゲームコントローラーですが、セットアップも難しくないほか、対応OSも多いことから、気軽にゲームコントローラーを使ってみたいという人にはオススメといえます。価格も3,000円以下と、手が出しやすい価格でもあります。ただし、前述の通りボタンの作りが甘い等いくらか気になる点もあるので、本格的にゲームをしたいということであればもう少し高いものを選んだほうが良いかと思いました。

Return Top