ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイスの最新情報をお届けしているモバイル総合情報サイトです。

Syncwireの「UNBREAKcable」レビュー、持ちやすく、丈夫なLightningケーブル!

スポンサーリンク

 

iPhoneやiPad等のApple製端末でよく使われるLightningケーブルですが、純正品の壊れやすさが不満としてよく聞かれますよね。今回はSyncwire様からUNBREAKcableをご提供いただきましたのでレビューさせていただきます。

シンプルなパッケージですが、製品名のUNBREAKcableが特徴的だったので少し調べてみたところ「Unbreakable」という英単語があるそうです。意味は「壊れない」「破れない」といった意味らしくまさにこの製品にぴったりなネーミングかと感じました。

またMFI認証もバッチリ取得。未取得の製品はある日突然使えなくなるなんてことがあるので、ここはしっかりチェックしたい点ですね。

ケーブルです。今回は20cmのものを使用していますがこの他に90cmのモデルも存在します。

最初に感じたのはコネクタ部の持ちやすさ。しっかりと持てるので、安心感があります。

私事ですが、持ちづらいケーブルを使っていた際に、思っていた場所と違う場所に触れてしまい、スマートフォンの端子付近へガリッとこすりキズが出来てしまったこともあるので、こういった持ちやすさは重要視していきたいですね。

今回は20cmのモデルを利用していますが画像の通りの長さです。(画像はiPhone SE)

「充電しながら使う」といった用途には向きませんが、PCと接続する際や、寝る前に充電器につなぐ際などは長い方が邪魔になってしまうことも多いのでこの長さのケーブルも一本持っていると非常に便利かと思います。

 

スポンサーリンク


気になる丈夫さ

なにせUNBREAKcableを謳っている訳なので丈夫なんだろうなぁということで雑に扱ってみました。ケーブルをぐねぐねと曲げたり、ケーブルを結んでみたり、折り目が付くレベルで折ってみたり…。

結果ですが何も問題なく使えています。充電が遅くなることも、データ転送が遅くなることもありませんでした。なお、当記事は同様のことをした際に、壊れないと言うことを保証しているわけではありません。くれぐれも真似はしないで下さい。

総評

今回提供していただいたUNBREAKcable、非常に良いケーブルだと思います。Lightningケーブルは消耗品ですし、何本か持っているといざというときに役立つときが必ずあります。

メインとしても、予備としてもオススメなケーブルです。

Return Top