ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイスの最新情報をお届けしているモバイル総合情報サイトです。

ASUS、ローエンドスマホ「ZenFone 4 Selfie Lite」をフィリピン等で発売へ

スポンサーリンク

ASUSはAndroid搭載ローエンドモデルスマートフォン「ZenFone 4 Selfie Lite」を発表。フィリピンやブラジルで発売します。

「ZenFone 4 Selfie Lite」はQualcomm Snapdragon 425を搭載、動作周波数は1.4GHzの4コア構成です。インカメラは1300万画素でリアルタイムで美顔効果を確認できる「ASUS SelfieMaster technology」を搭載しています。インカメラにソフトライト LEDを備えています。ソフトライト LEDは肌のテクスチャを柔らかくすることでスタジオで撮影したような照明効果を得られるものです。

ZenFone Liveにも搭載されたBeautyLiveモードやビデオでの美顔効果機能も。

SIMスロットは2つあり、デュアルスタンバイ(nano SIM)に対応。またmicro SDによる拡張も可能です。ディスプレイサイズは5.5インチ(1280×720ドット)、ROM容量は16 / 32GB の2モデル、RAM容量はLPDDR3 2GBからなります。

インカメラは1300万画素(F値 2.0)、アウトカメラも1300万画素(位相検出AF対応)です。Wi-Fiは2.4GHz(b/g/n)、Bluetooth 4.1。バンド帯はフィリピンモデルがFDD-LTE(1/3/5/7/8/20)、ブラジルモデルが(1/3/5/7/8/18/19/26/28)です。バッテリー容量は3000mAh。背面には指紋認証センサーを備え、インターフェースはmicro USBとなります。

ソース:ASUS

Return Top