ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイスの最新情報をお届けしているモバイル総合情報サイトです。

楽天がFREETELのMVNO事業を買収、プラスワンの最終赤字は55億円に

約 2 分

楽天はプラスワン・マーケティングが展開するMVNO事業の「FREETEL」を買収すると9月26日に発表しました。FREETELはMVNO事業のみを分割し、11月1日付けで楽天が事業を承継※します。

※承継は権利等を受け継ぐことを指す。類語に継承がある(文化や伝統を引き継ぐ)

プラスワン・マーケティングは端末の製造及び販売事業も行っていますが、そちらは楽天は承継せず、プラスワン・マーケティングが引き続き運営します。プラスワン・マーケティングは楽天との買収に合意した目的として次のような見解を示しています。「MVNO事業を、業界において高いシェアを誇る楽天モバイルを運営する楽天へ承継することが、今後も安定したサービスを長期的にお客様へ提供できると判断しました。」と述べたうえでプラスワン・マーケティングは今後はモバイル端末の開発に注力し、国内外へコストパフォーマンの優れた製品を提供していく方針になります。

今回の買収により、「FREETEL SIM」を始めとした通信サービス(一部除く)を11月1日の時点で楽天が承継することとなります。既存ユーザーは現在のところ料金や通信サービスの内容に変更がないとしています。承継対象の通信サービスは次の通り。

  • FREETEL SIM(使った分だけ/定額プラン/プレミアムバリュー/スマートコミコミ/スマートコミコミ+)
  • FREETEL SIMに付帯する通話サービス全般
  • YAMADA SIM PLUS powered by FREETEL
  • ニコニコSIM(仮) powered by FREETEL

プラスワン・マーケティングの最終赤字は55億円に及ぶとしています。

ソース:プラスワン・マーケティング

Twitterで新着情報を受け取る
follow us in feedly

スポンサーリンク