ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイスの最新情報をお届けしているモバイル総合情報サイトです。

【レビュー】大容量バッテリとノイズキャンセリングで、快適な日常生活を。「Tronsmart S4」

約 6 分
【レビュー】大容量バッテリとノイズキャンセリングで、快適な日常生活を。「Tronsmart S4」

今回の商品はTronsmart様からの提供である「Tronsmart S4」をご紹介します。アクティブノイズキャンセリングと長時間駆動できるバッテリーが特徴的なBluetoothワイヤレスヘッドセットとなっております。

 

スポンサーリンク


パッケージ・内容物

箱が非常に大きく、高級感があります。

パッケージはかなり大きく、イヤホンを同梱してるサイズとは思えません。Amazonから発送される際に、きちんと封がなされている点も中華メーカーとしては高評価なポイント。きちんと新品を購入したということがわかるため、消費者としては嬉しいです。

付属物は、本体・イヤーピース(大中小)・コードクリップ・MicroBケーブル・マニュアル

内容物は写真中のもの+マニュアル(日本語なし)となっており、非常にシンプル。マニュアルに日本語が記載されていないのは、残念なポイントです。しかし直感的な操作のお陰で特にマニュアルを読むことがなくても使用することが可能です。

また、開封レビューに関してはYoutubeにて動画を公開しておりますので、そちらをご覧ください。

本体外観

コード出口にゴムがついているため、断線対策もきちんと取られています。

まず本体の仕様ですが、右耳側に当たる部分にはボタンや充電端子はなく、ロゴとイヤホンのコード出口があるのみ。

左耳側裏側には各種認証情報が記載されています。メーカーは技適(技術基準適合)を取得しているとのことですが、商品本体には記載されておらず、問題点と感じられました。しかしメーカーによると、現状では修正版を出荷しているとのことで対策は取られているようです。また、インジケータLEDが写真右側に設定されており、本体の状況がひと目で分かるようになっています。

左耳側上面には音量上 / スタート・ストップ / 音量下(長押しで 進む / 電源ON・OFF / 戻る)のボタンが設定されており、これだけでオーディオ関連すべての操作を行うことが可能です。進む・戻るの順番が装着時、若干不自然ではありますが、慣れると問題なく使用することができます。

ノイズキャンセリングスイッチは青色LEDで、ON・OFFをお知らせ

左耳側底面には、充電用MicroUSB-B端子とアクティブノイズキャンセリングのON・OFFスイッチが設定されています。アクティブノイズキャンセリングスイッチはONにすると青色LEDが点灯し、動作していることが確認できます。

集音用マイク付き

取付部にはノイズキャンセリング用の集音マイクがビルトインされており、デザイン的にもよくまとまっています。

3週間使用レビュー「大容量バッテリとノイズキャンセリングで快適な通勤通学」

今回3週間使用し、最も実感したことは「使用可能時間の長さ」です。
現状、毎日通学(約1時間)と学習の合間に使用していますが、未だ2回の充電しか行っておりません。商品詳細にはアクティブノイズキャンセリング使用時で15時間、待機状態で20時間とのことですが、これに準じた時間かそれ以上で使用することが可能でした。また、充電に関しても約4時間ほどで充電が完了し、非常に携帯性の高い製品に仕上がっています。

また、この商品の特徴であるアクティブノイズキャンセリングについては、3種類のBluetooth機器(PC, スマートフォン, 音楽プレーヤー)を使用し違いを検証してみましたが、どの機器でもきちんと機能が有効となっていました。性能については、電車内や人混みでは必要十分に騒音を軽減してくれます。また、ノイズキャンセリング特有の音楽を鳴らしていない時に発生するノイズに関して、他のノイズキャンセリングイヤホンと比べると小さくなっており、ずっと音楽を聞かないという方でも満足できる性能となっていました。

音質に関しては一般的なBluetoothイヤホン並で、低音・高音どちらかに振れていると言うわけでもなく、オールマイティーな味付けでした。Bluetoothでとりあえず音楽を聞きたいという状況においては、全く問題の無い音質です。

通話時には、マイクがきちんと集音してくれており、Bluetoothイヤホンでありがちな声が遠くなることや声質が変になることもなく、使いやすかったです。

また、実際に着用してみると以下のようになります。

首にフィットする形状

装着感としては、首にフィットするよう作られており重さはあまり感じません。また、Bluetoothイヤホン特有のつけづらい形状でも無いため通常のイヤホン感覚で使用できることはかなり高評価。ただし、イヤホンのケーブル自体は少し前に突き出る形になるため、他人から見ると若干違和感を感じるようです。(使用上問題はありません。)

背面から見ても服や髪に絡まない

また、首掛け部分がケーブルだけではなくきちんと設計されているため、服や髪に影響が無いことも使いやすい点でした。

総評

こちらの商品ですが、製品としてはよくあるBluetoothイヤホンでしたが、その独特な形状による大容量バッテリとアクティブノイズキャンセリングがかなりおすすめできるものに仕上がっています。

特にバッテリに関しては、充電することを忘れるほど使用することができるため、非常に日常に溶け込みやすいと考えられます。また、ノイズキャンセリングについてはこの価格帯でアクティブノイズキャンセリングを搭載している商品は、あまり流通していなかったため非常に魅力的でした。

中華イヤホンとしてはお高めの約4,000円の設定ですが、ストレスフリーな大容量バッテリや、端末を選ばないアクティブノイズキャンセリング搭載をしていることを考えると納得の商品でした。

 

Twitterで新着情報を受け取る
follow us in feedly

スポンサーリンク

寄稿者

ライターThink
Think(シンク)と申します。コアなガジェットにバイクに輸入、有機化学、微生物学など...いろいろなことに手を出している理系大学生です。理系大学生ならではの視点などを皆様にお伝えできれば幸いです。