ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイス情報を気ままに更新しているデジタルメディアです。

新型 Surface Proを発表、ペン・バッテリー駆動・重量ともに大幅進化

約 3 分
新型 Surface Proを発表、ペン・バッテリー駆動・重量ともに大幅進化

Microsoftは中国上海で開催したイベントにおいて新型の「Surface Pro」を発表しました。価格は799ドルからで6月15日に発売されますが、日本での発売は不明です。

Surface Pro 5という名称ではなく、あくまでも「Surface Pro」となっていますが、事実上の後継モデルです。ディスプレイサイズは12.3インチ、スタンド角度は最大で165度まで調整可能となります。

筐体に関して言えばSurface Pro 4とほぼ変化がありませんが、中身は大幅に強化されています。CPUは第7世代 Intel プロセッサーを採用し、バッテリー駆動時間が13.5時間へ向上。Surface Pro 4よりも50%強化されました。また重量も770g(Core i5モデル)と、歴代のSurface Proシリーズのなかで最軽量となります。

新しいSurface ProはCore m3、Core i5、Core i7の3つから成ります、このうちm3とi5はファンレス設計によって、軽量化を実現しています。Core i7については784gと重くなってしまいますが、発熱対策のためにファンを搭載しているからです。

スタイラスペンは筆圧感度が4,096に。遅延を低減し、傾きの検出にも対応しています。surface Dialにも対応。これはPro 4では対応しませんでした。

 

スポンサーリンク


基本スペック

全機種共通なのは、Wi-Fi a/b/g/n/ac 、Bluetooth 4.1、Windows Helloに対応している点です。オプションでLTEモデルも用意されていますが、今年の秋頃の発売を予定しています。

Core m3モデル(799ドル)

  • 128GB SSD
  • 4GB RAM
  • Intel HD グラフィック 615

Core i5モデル(999ドル/1299ドル)

  • 128GB / 256GB SSD
  • 4GB / 8GB RAM
  • Intel HD グラフィック 620

Core i7モデル(1599ドル/2199ドル/2699ドル)

  • 256GB / 512GB / 1TB SSD
  • 8GB / 16GB RAM
  • Intel Iris Plus グラフィック 640

Surface Studioが6月15日に日本でも発売することが決定しています。今までのMicrosoftをみているとsurfaceシリーズは日本でも全モデルを発売しているため、新しいSurface Proも投入することが予想されます。Surface Pro 4シリーズも家電量販店でも値下げが始まっていることから、ますます期待がもてそうです。

ソース:Microsoft

Twitterで新着情報を受け取る
follow us in feedly

スポンサーリンク