ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイスの最新情報をお届けしているモバイル総合情報サイトです。

【潜入調査】ヨドバシカメラのお兄さんにオススメのスマホ&イヤホンを聞いてみた【音にこだわりたい人向け】

スポンサーリンク

 

今やスマートフォンで音楽を聴くのが当たり前の時代となりました

30代の男性である筆者が学生の頃といえばMDプレイヤーが全盛の時代。一度に持ち歩ける曲数は限られていて、その日その日の朝の気分で持ち 歩くアルバムを考えたりしたものです。それはそれで味わいのある時代だった…としみじみ思います。しかし、MP3プレイヤーの登場以降、制限なく音楽を持ち歩けるという環境は生粋の音楽大好き人間達に計り知れない恩恵をもたらしてきました。

最近ではハイレゾ音質対応をはじめ、音質に注力したデバイスも数多く登場しています。音にこだわりを持つユーザーにとって選択の幅が広がってきている状況です。そして、これらの技術は当然のようにスマホにも応用されています。スマホ選びにおいて、音声再生昨日は重要な要素の一つと言えるでしょう。そこで今回は、「ヨドバシカメラ マルチメディア 梅田店」で働く店員のお兄さん方に、音楽好きを唸らせるスマホ&イヤホンをガッツリ聞いてきました!

 

スポンサーリンク


【au】 HTCが誇るハイスペックスマホ

店員さん
どんな機種をお求めでしょうか?
なかじま
音が綺麗なスマホがいいなあと思って…
店員さん
ん〜、やっぱり、ハイレゾですね。

と、やはり出てくるのは「ハイレゾ」の4文字。いくつかのハイレゾ対応機種を紹介してもらう中で、ひときわ店員さんの押しが強かった機種が「htc 10」です。HTCが誇るハイスペックスマホですね!

au製品ページより引用

今やハイレゾ対応のスマホは珍しくありませんが、なんとこの「htc 10」には、ハイレゾ対応イヤホンが標準で付属されていると言うではありませんか。つまり、このスマホさえ購入すれば、すぐにハイクオリティな音楽鑑賞が楽しめるということ。後ほど、イヤホンの紹介もする企画なのにも関わらず、いきなりイヤホン付きのスマホを紹介してしまいました……。

しかしながら、お手軽にハイレゾ音質を体験するならば十分アリな選択肢と言えるのではないでしょうか!

【softbank】 音楽といえばSONY、SONYといえばXperia

auショップで聞き取りを終え、続けて隣接するSoftbankショップへ足を運びました。auショップと同様に、声を掛けてきてくれた店員さんに質問してみました。

なかじま
一番、音が良いスマホってどr…
店員さん
Xperia XZですね!!!!

迷わず、なんなら被せ気味で回答してくれました。

音楽再生機能に強いメーカーといえば、SONYが頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか? 実際、前述のauショップの店員さん、さらにこの後向かったdocomoショップの店員さんの口からも、XPERIAシリーズの名前は出てきました。

SONY製品ページより引用

「XPERIA XZ」は当然のことながらハイレゾ対応です。加えてウォークマンでもおなじみのノイズキャンセリング機能が搭載されています。スマホで音楽を聴く環境、例えば雑踏の中なんかでも高品質なサウンドを楽しめます。

店員さん
やっぱり、ノイズキャンセリング機能があることで、他のハイレゾ対応のスマホよりも頭一つ抜けていると言ってもいいんじゃないですかね〜

くれぐれも車通りの多い場所などでの音楽鑑賞はお控えくださいね……! 音楽周りの機能にかけては、やはりソニーブランド強し! といったところでしょうか。

【docomo】Quad-DACによる匠クオリティーの音声再生機能

やってきました、店内最大の敷地面積を誇るdocomoショップ。

店員さん
音にこだわる方におすすめしたいのは、「V20 PRO L-01J」です。
ドコモ製品ページより引用

「匠クオリティー」と銘打ったいくつかの機能のうちの一つが、Quad-DAC搭載による高音質サウンドです。Quad-DAC(簡単に言うと、ノイズを削減させるフィルターのような機能)により、50%のノイズ削減を実現しています。さらに、高級オーディオブランドB&O PLAYのエンジニア監修とのことで、XPERIAシリーズにも引けをとらない音へのこだわりっぷ りを見せています。

また、本スマホも前述の「htc 10」と同様にハイレゾイヤホン (B&O PLAYコラボ品)が同梱されているとのことで、すぐにでも高品質なサウンドが楽しめてしまいます。総合的に見て、音楽再生機能を優先したいユーザーには一番のオススメということでした!

スマホで音楽を聴くならこのイヤホン!

音にこだわったスマホについて十分な調査を終えた筆者は、イヤホンコーナーへとやってまいりました。ここまで数々の素晴らしい音質を誇るスマホを見て回ってきましたが、やはりイヤホン選びは重要。せっかくの高音質再生機能も、イヤホン次第ではその能力を100%引き出すことはできないでしょう。ここはさっそく知識豊富なイヤホンコーナーの店員さんを探して…

なかじま
あれ、店員さんがいない…

さて、どうしたものかとフラフラしていたところ、筆者の目に入る「スマホ用イヤホン」の文字。店員さんに聞くまでもなく、スマホ用イ ヤホンコーナーが特設されているではありませんか。こうなれば、趣旨からはちょっと外れてしまいますが、コーナー内のイヤホンをいくつかピックアップして紹介したいと思います!

ワイヤレスステレオヘッドセット「h.ear in Wireless(MDR-EX750BT)」

SONY製品ページより引用

SONYのハイレゾ対応のワイヤレスイヤホンヘッドセット「h.ear in Wireless(MDR-EX750BT)」です。以前までは「ワイヤレスイヤホンは音質が…」なんて風潮が一般的でしたが、ワイヤレスイヤ ホンは進化をし続けており、今や有線のものと比較しても遜色ないレベルの音質まで到達しつつあるようです。本製品においては、ワイヤレス環境でハイレゾ音質の再生を実現しています。やはりスマホで音楽を聴くのであれば、ワイヤレス=ハンズフリーであることは大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

ハイレゾ対応カナル型イヤホン「E700M」

ONKYO製品ページより引用

ONKYOよりハイレゾ対応カナル型イヤホン「E700M」です。その素材やチューニングには音質への細部にわたるこだわりが見られます。コントロールマイクでは音楽再生と音声通話の切り替えが可能となっており、スマホの機能性を損なうことなく音楽鑑賞を楽しむことが可能です。決して安価な価格帯の部類はないものの、コスパの高い一品ではないでしょう か。

スマートフォン用インナーイヤーヘッドホン「ATH-CKR30iS」

オーディオテクニカ製品ページより引用

オーディオテクニカから発売されているスマートフォン用インナーイヤーヘッドホン「ATH-CKR30iS」です。ハイレゾ音源には非対応であるのが残念ですが、スマホ用イヤホンとして高品質なサウンドが実現されています。音の特徴としてクリアな中高域再生とのこと。実際に試聴してみたところ、確かに中音〜高音がキレイに再生されている印象。嫌味のない、耳障りのよい音で、長時間の音楽鑑賞にも向いていると思われます。スマホ操作や通話に対応したマイク付きリモートコントローラー付属により、利便性の面も良いです。

やっぱり音にこだわるのであればハイレゾ!

今回の潜入調査を経て、やはり音にこだわるのであればスマホ、イヤホン共にハイレゾ対応か否かは重要なポイントであることを改めて実感しました。そのうえで、ノイズキャンセリング機能であったりワイヤレス(ハンズフリー)など「スマホで音楽を聴く環境」を意識した機能も注目するべき要素であると感じました。自宅でゆったりと音楽を楽しみたいのであれば、音質のみをとことん追求するのもアリです。しかし、スマホに置いてはいつでもどこでも周囲の環境を問わずにハイクオリティな音質を楽しめるような機能が重要視されてくるのは当然と言えるでしょう。今後も各メーカーによる高音質への追求に期待したいですね!

<この記事は参考になりましたか?>

(最終更新:2017-10-02)
Return Top