ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイスの最新情報をお届けしているモバイル総合情報サイトです。

あの端末はいま。すべてのはじまり「HUAWEI Ascend Mate7」篇

スポンサーリンク

6インチという大画面液晶、ボタンではなく触れるだけでロックが解除できる背面の指紋認証。今のスマートフォンの原型を作ったと言ってもおかしくないと個人的に思っている「Ascend Mate7」(以下Mate7)です。人生で初めてのSIMフリースマホということで非常に思い出深いです。

購入したのは発売から5日後ぐらいだったと思います。Mate7とは、ChromeBookを買いに行こうと思って立ち寄ったソフマップで立ち寄ったSIMフリースマホコーナーでたまたま見つけてしまい、運命的な出会いを果たしました。

他のスマートフォンがすごく小さく見えるほど大きい画面、それなのにベゼルがとても細くて持ちやすく美しい本体デザイン、触れるだけでロックが解除できる高速指紋認証など、当時の僕を一目惚れさせてしまい購入に踏み切りました。当時の価格は49800円(税抜き)でした。(2年分のお年玉全部はたいて買ったことは内緒ですよ)

 

スポンサーリンク


dpiの壁

先程から述べているMate7の特徴の一つである6インチの大画面ですが、あまり活かしきれていないなと思うことがよくありました。原因はdpi(ドット・パー・インチ)にあり、大画面なのに目測5〜5.5インチ相当のスマートフォンと同じぐらいの表示領域しかなかったということです。この問題はフォントサイズを小さくすれば治るようなものではなく、少し残念だなと思うことがありました。ただ、慣れればそれほど苦ではありませんでした。

Androidバージョンの壁

Mate7は発売当時はAndroid 4.4でした。しかし、HUAWEI製スマホのフラグシップ機に属する端末なのでAndroid OSの更新もすぐに来るだろうと考えていましたが、Android6.xはおろか、5.xの配信も日本ではありませんでした。僕は海外では更新が来ていることに我慢できず、海外で配信されているROMを日本向け端末に焼き込むという人生で初めてのROM焼きと言うものに挑戦するも四苦八苦…。

でも、最後はうまくROMを焼き込むことができ、無事にMarshmallow化に成功。あの時の感動は忘れられません。Android6.0へROM焼きをする方法は実際にこちらの記事にさせていただきました。(今は純正でAndroid6.0の更新があるのでそちらをご利用ください。)

SHARP 206SHとのメイン機争い

Mate7を購入する前からメイン機としてSHARPの206SHを所有していたのですが、体感速度自体はどちらも似たようなものでどちらをメイン機にするかかなり迷っていました。僕の中でメインLINEアカウントを登録した端末がメイン機になるのですが、これを確定するのに約半年かかりました。というのも、どちらも完成度が高い端末であるがゆえ、どちらも同様に使いたいという気持ちがあり、なかなかメイン機を決めることに踏み切れなかったからです。

最終的にMate7に落ち着きましたが、ガラパゴス機能がふんだんに盛り込まれていた206SHも、解約まで手放すことはなかったです。

 LTEをなかなか掴んでくれない

頑張ってMarshmallow化したMate7ですが、次はLTEを掴みにくくなる障壁にぶち当たります。原因は今もなお不明ですが、Wi-FiをOFFにしてモバイルデータ通信モードに切り替わったときにどうしても3Gに繋がってしまうようになってしまい、全体的に通信が不安定になってしまいました。docomo回線でもY!mobile回線でも試したのですが改善されれず…

iPhoneに浮気してしまう

こんな感じの記事も書かせていただきました。

いろいろと楽しませてくれていたMate7ですが、使い始めて約1年経ちました。そろそろ新しいスマホも検討しようかなと思っていたところ、ちょうどY!mobileがiPhone 5sを発売したのです。

このときに僕の心が揺らぎました。「あぁ、iPhoneにしてみたいなぁ…」と。SHARPのIS03からずっとAndroidユーザーだった僕ですが、ついにiPhoneへのあこがれがついに爆発し、結局僕の回線の契約人の祖母(Nexus婆)とともにY!mobileへ行き、iPhoneを契約してしまいました。実際にiPhoneを手にしたときにはAndroidにはないケースの豊富さ、AndroidOSとはぜんぜん違うスマホを触る新鮮さ、使いやすさなどなど…

僕はiPhoneの素晴らしい世界に一気に引き込まれました。ここからがMate7にとって悪夢の始まりだったのです。

そしてXiaomiへ…

2016年中盤、iPhoneにも慣れ、すっかりMate7と二人三脚で僕の生活の手助けをしてくれていた彼らですが、Mate7も約2年使い続けたこともあり大分とくたびれていました。そろそろAndroidの買い替え時期が来たかなとおもい、ガジェットギーク管理人のくろえさんに譲った後、大画面でそこそこの高性能という条件を満たしてくれるXiaomiのMi MAXへと世代交代しました。Mate7のときもずっと思っていましたが、やはり大画面はいいものです。

Mate7と出会っていなければ

Mate7とは偶然であったにすぎませんでしたが、僕はきっとMate7に出会わなければこんなにSIMフリースマホの良さに惚れ込むことはなかったと思います。このスマホのお陰でいろいろな人と繋がれたと言っても過言ではありません。Mate7の話題の共有やそれによるTwitterのフォロワーさん増加という言う意味で。今は管理人の手に渡りましたが、今でもふと思い出してちょっとさびしくなっちゃう時があります。そのぐらい良い端末だったと思い出しながらこの記事を書き上げました。

また素敵な端末に出会えたらいいなと思っています( ˘ω˘ )

おしまい。

 

Return Top