ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイスの最新情報をお届けしているモバイル総合情報サイトです。

【追記あり】ASUS ジャパン、驚異の8GB RAMを搭載したAR / VRに対応したハイエンドスマホ「ZenFone AR」を発表

スポンサーリンク

ASUSジャパンは同社としては初のGoogle Tangoに対応した5.7インチハイエンドスマートフォン「ZenFone AR ZS571KL」を発表しました。価格は82,800円(税別)からとなり、2017年夏に発売予定です。

【追記】
発売日は6月23日、キャンペーンとして9Hのガラスフィルムをプレゼント。専用ケースは7月下旬より発売。2017年6月21日追記世界初のGoogle Project Tango (AR)とGoogle DayDreamに両対応したスマートフォンとなり、ハイエンドな仕様となっています。

Android OS Android 7.0
ディスプレイ 5.7インチ
2560×1,440ドット
SoC Qualcomm Snapdragon 821
RAM 6 / 8GB LPDDR4
ROM 64 / 128GB UFS 2.0
アウトカメラ 2,300万画素
TriCam
インカメラ 800万画素
ネットワーク FDD-LTE(1/2/3/4/5/7/8/18/19
20/26/28)
TDD-LTE(38/39/40/41)
Bluetooth 4.2
Wi-Fi(a/b/g/n/ac)
サイズ 158.98×77.7×8.95mm
170g
バッテリー 3300mAh
その他 指紋認証センサー
QuickCharge 3.0
ハイレゾ再生
DTS Sound
イヤホンジャックあり
USB Type-C
DayDream 対応
Google Tango対応

なんと言っても特徴はGoogleが推し進めているVR(DayDream)とARプラットフォーム「Tango」に両対応している点です。Tangoを利用するうえで必要な深度センサーや動体追跡センサーを搭載。これらはカメラと一つに集約する技術である「TriCam」によって実現されたことです。

8GB RAM + 128GB ROMで99,800円(税別)
6GB RAM + 64GB ROM で 82,800円(税別)

価格は高めですが、仕様をみれば高いのは仕方ないでしょう。一般人向けよりもデベロッパーなどに役に立つスマートフォンであるように思えます。

 

Return Top