ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイスの最新情報をお届けしているモバイル総合情報サイトです。

データ通信量を7割も抑えた「Twitter Lite」を発表。ウェブアプリとして提供

スポンサーリンク

Twitterはインターネット速度が遅い環境でも快適にTwitterを利用出来るよう、データ通信量を抑えた「Twitter Lite」の提供を開始。

「Twitter Lite」はTwitterの基本的な機能である「タイムライン」「ツイート」「ダイレクトメッセージ」「トレンド」「プロフィール」「画像のアップロード」「通知」に対応しており、UIはアプリ版のTwitterとほとんど変わりません。

「Twitter Lite」はブラウザで動作するウェブアプリを利用しているため、別途アプリケーションのインストールは不要です。読み込み速度を向上させ、起動時やタイムライン等の読み込み速度を最大30%高速化。ウェブアプリの容量も1MB以下に抑えられます。また、「データ節減モード」を搭載しており、こちらをオンにした場合、最大で70%ものデータ通信量を節約できます。「データ節減モード」は動画や画像のなかで閲覧したいものだけをフルロードする仕組みで、興味の無いコンテンツを表示させないことでデータ消費を抑えています。

基本UIはTwitterアプリとほぼ変化なし

 

Android版 Google Chromeではプッシュ通知に対応し、リプライやRTなどのメンションが飛んできた場合、通知が届く仕組みです。また、Twitter Liteをホームスクリーンに設置できるため、1タップで起動可能。

利用方法は至ってシンプルで、mobile.twitter.comにアクセスすることで使うことが出来ます。表記は英語です。

Twitter Liteは2G回線を利用した新興国やデータ通信量を節約したいユーザー、データプランが高額なユーザー向け等に開発されています。私含めインターネットの一部では「アプリでLite版を開発してほしい」という声が散見しますが、主なターゲットを考えるとブラウザ環境で開発するのは当然のことだと思いました。

ソース:Twitter

<この記事は参考になりましたか?>

Return Top