ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイスの最新情報をお届けしているモバイル総合情報サイトです。


【レビュー】「USB PD 対応 USB 3.0×4 ポート ハブ」、PD対応でTransbook 3 やMacBookを充電しつつポート拡張を。

スポンサーリンク

dodocool様よりご提供いただいた「USB 3.0対応のPD充電機能付き USB Type-C ハブ」をレビューします。

私はUSB PD対応製品を必要としている

こちらの製品の大きな特徴となるのはやはり「USB Power Delivery(パワーデリバリー)」対応ということです。USB Power DeliveryはUSB PDやPDと略されています。このUSB PDは機器と機器の間で電力を供給でき、最大で100Wの電力供給を可能とします。USB PDについて話すと長くなってしまうので省略しますが、とにかくTransbookやMacBookを充電しながらUSB ハブとして使うにはUSB PDに対応している必要があるのです。

なぜ、必要なのか?

Transbook 3やMacBookの充電はUSB Type-C端子を通じて行いますが、大抵ポートが一つしかなく、そこが充電で塞がれてしまえば、ほかの機器を挿して使うことができなくなってしまいます。USB ハブと呼ばれるUSBポートを拡張できる周辺機器が売っていますが、USB PDに対応していない場合は今度は充電ができないため、これまた一方通行です。USB PDに対応しているハブの場合、充電しながらもUSB ハブとして利用できるため、私のニーズに適している製品といえます。

USB 3.0 ポートが4つ搭載

USB PDに対応しているUSB Type-C ハブとしては装備は標準的です。USB 3.0 ポートが4つ搭載しています。質感はプラスチックですが、安っぽい塗装ではありません。製品ブランドを主張するdodocoolもフォントがおしゃれです。ハブの裏はゴムが4カ所についており、滑り止めとして活躍します。

USB PD規格は2.0をサポートしています。複数の周辺機器を接続したままでも、データ転送中でも、Transbook 3やMacBookを充電できます。

USB 3.0は5Gbps以上のデータ伝送速度を実現しており、USB 2.0よりも10倍を超えた転送速度を実現しています。ただ、データ転送する元もUSB 3.0に対応していないと意味がないんですけどね。高速転送したい場合はUSB 3.0のUSBメモリなどを揃えようということです。3.0はUSB端子が青くなっています。

もっとUSB PD対応製品を出してほしい!

dodocoolさんが提供してくれたUSB PD対応ハブはアマゾンで2,399円とかなり安いんですよね。他メーカーでも安いのはありますが、それでも4000円くらいだったり、3,700円だったりします。MacBookもそうですけど、USB Type-Cがメインのポートって周辺機器にお金がかかってしまうんです。少しでも安く良い製品が欲しいと思うのは当然なわけです。そうなると選択肢のひとつに、この製品を入れても良いのではないかと思ったりします。

USB PDに対応したハブは結構ありますが、何よりもモバイルバッテリーが本当に数が限られています。おまけに高いですし、本格普及はまだまだ先なのでしょうか。

紹介した製品

アマゾン購入時、次のコードで25%オフで購入できます「VQJ4EALM」

10/100/1000ギガビット LAN搭載タイプ

多機能型 タイプ

<この記事は参考になりましたか?>

Return Top