ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイス情報を気ままに更新しているデジタルメディアです。

これからはAIの時代、ARM 新たなプロセッサ構成技術 「DynamIQ technology」を発表

約 2 分

ARM (アーム)が3月21日、新たなプロセッサ構成技術である「DynamIQ technology」を発表しました。

この技術はこれから必要になってくるであろう人工知能(AI)や複合現実(MR)、機械の安全な自動化といった新たな消費者のニーズに答えるべく、開発されたマルチコア構成・新命令定義などの包括技術となっています。

CPUの新たな構成についてはDynamIQ big.LITTLE構成というものを採用しています。
これを用いることで、1クラスタ内に最大8種類のプロセッサを組み合わせ使用することで、幅広い用途に対応することが可能となっております。

AI処理命令が追加され、デバイスのみでできることが増えるように。

また、DinamIQには新たにAI用途の新命令が搭載されることや、運転支援システムなど今後発展していく新技術への対応にも期待がもてます。現在のCortex-A73ベースのシステムと比較すると、これから先3~5年で最大10倍の応答速度、AIパフォーマンスにいたっては50倍の性能を有するCPUが登場することも推測されています。

この技術は次世代のCortex-Aから採用される予定となっており、各業界の多種多様なニーズに応えられることや、コンシューマユースにおけるSoCのハイパフォーマンス化と省電力化が行われることが期待されます。

ソース : [ARM DynamIQ], [ARM Community]

Twitterで新着情報を受け取る
follow us in feedly

スポンサーリンク



寄稿者

ライターThink
Think(シンク)と申します。コアなガジェットにバイクに輸入、有機化学、微生物学など...いろいろなことに手を出している理系大学生です。理系大学生ならではの視点などを皆様にお伝えできれば幸いです。