ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイス情報を気ままに更新しているデジタルメディアです。

BlackBerry、ミッドレンジスペックの「Aurora」発表 

約2分
BlackBerry、ミッドレンジスペックの「Aurora」発表 

BlackBerryとライセンス提携してるインドネシアのBB Merah Putihは、同社初のBlackBerryブランドの機種としてAndroid 7.0を採用した「Aurora」を発表しました。3月12日に同国で3,499,000インドネシア・ルピア(約30,000円)での発売が予定されています。

「Aurora」はインドネシアで製造される初のBlackBerryスマートフォンです。スペックは比較的ミッドレンジクラスとなっていて、5.5インチのHD(1280×720ドット)ディスプレイを搭載し、SoCにはSnapdragon 425を採用。RAMは4GB、ROMは32GB搭載されます。また、デュアルSIMで、同社によるとBlackBerry初のデュアルSIM端末と謳っています。カラーはゴールド、ブラック、シルバーの3色で展開されます。

Android OS Android 7.0
ディスプレイ 5.5インチ HD (1280× 720ドット)
SoC Snapdragon 425
RAM 4GB
ROM 32GB
アウトカメラ 1300万画素
インカメラ 800万画素
ネットワーク LTE (B1/3/5/7/8/26/40)
3G (850/900/2100)
2G (900/1800)
Wi-Fi (b/g/n)
Bluetooth 4.0
サイズ 152×76.8×8.5mm 178g
バッテリー 3000mAh
その他 デュアルSIM

様々な会社とライセンス契約を結んでいるBlackBerry。MWC2017では物理キーボード搭載の「KEYone」も発表されたばかりですが、起死回生のチャンスとなるのでしょうか。端末にBlackBerryらしさがなくなってしまうのは非常に残念ですが、コスト面等を考えると仕方ないですね。今後の動きにも注目です。

ソース:BB Merah Putih

Twitterで新着情報を受け取る
follow us in feedly

スポンサーリンク