ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイスの最新情報をお届けしているモバイル総合情報サイトです。


日本上陸!スウェーデン生まれのPCリュックがオシャレ過ぎる。 #ガストンルーガ #GastonLuga

スポンサーリンク

もうすぐ新年度が始まります。大学生や社会人として、気分を一新するためにも服装やリュック・カバンなどを新しいのに取り替えたくなる時期でもあります。

今回はスウェーデン生まれの北欧デザインバックパックである、「Gaston Luga(ガストン・ルーガ)」からバックパックリュックを提供してくれたので感想を書いていきます。ガストン・ルーガはストックホルム生まれの今までにないエレガントな北欧デザインがコンセプトのバックパックです。

ガジェットギークは20代、30代の男性に多く閲覧されているサイトであり、ご存知のとおり、モバイルガジェット関連をメインに取り扱っています。「Gaston Luga(ガストン・ルーガ)」のバックパックリュックはおしゃれながらもパソコンを入れてもまだ余裕がある容量のため、新調するバックパックリュックの候補にいれても良いかもしれません。

「Gaston Luga(ガストン・ルーガ)」のバックパックリュックは多くの種類があり、今回私が選んだのはClassic ネイビー&ブラウンです。

Classic ネイビー&ブラウンは容量は15L、特徴は以下の通りです。

  •  耐久性の高いキャンバス生地
  • 金属製ピンクリップ付きマグネットボタン
  • 外側ファスナーポケット
  • 内側13〜15インチラップトップPC用ポケット、その他ポケット2つ
  • パスポートポケット
  • 調整可能なショルダーストラップ

ガジェットオタクもおしゃれしたって良いんです。Classic ネイビー&ブラウンは耐久性の高いキャンバス生地を採用しています。

また、バックパックリュックの開閉はピンクリップマグネットのため、スムーズな開閉が可能。

ポケットは内側に1つ、外側にファスナーポケットが1つついています。内側は13~15インチのノートパソコンを入れるほどのスペースは確保されているため、それに加えてiPadなどタブレットも収納することが出来ます。

上記写真は普段持ち歩く物を全て入れきった状態ですが、それでもまだ余裕があることがわかります。この中に入っている物は以下の画像のとおりで、名刺ケースなどはファスナーポケットに入れています。

これなら大学生の場合、プラスアルファで大学ノートや文房具が入ります。プラスアルファの対象が間違っている気もしますね。もともと非常におしゃれなバックパックリュックのため女性が背負ってもオタク感もなく綺麗です。

もちろん男性でも。

こういう感じのバックパックリュックってカフェとかでMacBookを、そこから出してどや顔出来そうですね。表現として適切かどうかは分かりませんが、おしゃれであると伝えたいです。キャンバス生地の触り心地もよく不快感がありません。

バックパックリュックはClassic/Praper/Classyの3つのデザインからなります。ガジェットギークがレビューしたのはClassicで一番スタンダードなモデルです。

価格と返品について

バックパックリュックの価格についてまとめます。価格について、私たちが購入する場合、税額控除されるため、表記価格から下記表のように差し引かれます。そして次のディスカウントコードを決済時に入力することで更に15%割引となります。

コード:gadgetgeek15
価格 税額控除額 コード割引 総額価格
Classic 23,000円 -4,600円 -2,760円 15,460円
Praper 24,000円 -4,800円 -2,880円 16,320円
Classy 22,000円 -4,400円 -2,640円 14,960円

送料は無料なうえにDHL Expressのため、ちょっぱやで配達してくれます。ありがたい。。

ディスカウントコードは決済画面の赤線のところに入力して反映させればOKです。

商品の交換について、未使用品に限り14日以内であれば交換することが可能です。これは商品の交換のため返金ではありません。返金については30日以内であれば可能です。箱や梱包材は未使用であり、商品を受け取ったときと同じ新しい状態でなければいけないことに注意が必要です。

Gaston Lugaではウィークリーベストショット賞と呼ばれるInstagram上でのベストショット賞を毎週開催しています。Gaston Lugaと一緒に写っている写真に#GLGastonLugaのハッシュタグをつけて投稿するだけで参加出来ます。ウィークリーベストショット賞に選ばれた方はバックパックリュックがプレゼントされるので、ぜひチャレンジしてみましょう!

Instagram

公式ページ

Writer

管理人編集部
GadgetGeek(ガジェットギーク)を2012年に立ち上げた。またフリーライターとしても活動。Engadget 日本版 / プレジデント / VRInside / モバレコ / など。お仕事承ります!
Return Top