ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイス情報を気ままに更新しているデジタルメディアです。

ソニーモバイル、4K HDRディスプレイ搭載の「Xperia XZ Premium」を発表

約 2 分

ソニーモバイルはMWC 2017にて4K HDR解像度ディスプレイを搭載した「Xperia XZ Premium」を発表しました。

「Xperia XZ Premium」は世界初のハイダイナミックレンジ(HDR)を備えた4Kディスプレイを搭載しました。ディスプレイのサイズは5.5インチとなり、HDRにより明るさと色域の表現がより豊かになります。また、Amazon と協業することでAmazon プライムビデオからモバイルデバイスとして初の4K HDRコンテンツが配信されることとなりました。

SoCはQualcomm Snapdragon 835を搭載。下り最大1Gbpsの高速通信に対応します。接続端子においてはUSB 3,1 Gen1のUSB Type-Cをサポートしています。

バッテリー技術についてはQnovo社のバッテリー制御技術を引き続いて搭載しているため、バッテリーの劣化を防ぐことに期待が出来ます。さらにユーザーの使用状況に合わせたスタミナモードの通知機能をXperia XZ Premiumでは新たに搭載しています。

カメラは960fpsのスーパースロー撮影が可能な1,900万画素のアウトカメラを搭載。DARM積層CMOSイメージセンサーを搭載したことで、、自動的に最大4フレーム分の画像をバッファリングし、シャッターが推される直前の画像を記録することを実現。これにより、決定的な瞬間を逃さず捉えることが出来ます。これらをMotion Eye とソニーモバイルは呼んでいます。

価格や発売時期は不明ですが、Snapdragon 835の出荷の時期や日本でXperia Z5 Premiumが発売されたことを踏まえると、春夏モデルとして登場するのではないかと予想しています。

ソース:ソニー

Twitterで新着情報を受け取る
follow us in feedly

スポンサーリンク