ガジェットギーク

ガジェットギーク

スポンサーリンク

カシオ、「WSD-F10」の後継モデル「WSD-F20」発表-5.1万円、4月21日発売

スポンサーリンク

カシオはAndroid Wearを搭載したスマートウォッチ「WSD-F20」を発表しました。「WSD-F10」の後継モデルとなり、4月21日より51,000円(税別)で発売します。

「WSD-F20」はCES 2017に合わせて発表されたスマートウォッチで、低消費電力のGPSを搭載しています。GPSはアメリカ、ロシア、日本みちびきの3即位に対応し、現在地をフルカラー地図で表示してくれます。

Mapbos社との提携により地図データのダウンロードに対応しました。これによりオフラインでもカラー地図をサポート。更にGPSを搭載したことでオフライン状態でも位置情報を表示してくれるようになります。

GPS機能と連動した2種類のウォッチフェイスも追加。

汚れを防止してくれるコーティングガラスに、サイドはTOOLボタン、電源ボタン、アプリボタンの物理ボタンが3つ配置されています。

TOOLボタンは自然現象の変化を表示するショートカットキーとなり、高度・方位・気圧など多くの情報を提示してくれます。

5気圧防水構造・MIL-STD-810G規格に準拠しているため、様々な環境下でも正常に動作してくれます。

Android OS Android Wear 2.0
ディスプレイ 1.32インチ
320×300ドット
カラーTFT
モノクロ液晶
ネットワーク Bluetooth 4.1 LE
Wi-Fi(b/g/n)
GPS
サイズ  61.7×57.7×15.3mm
バッテリー 1日以上
モノクロモード
1ヶ月以上
その他 物理ボタン
ヴァイブレーション
マイクロフォン
MIL規格
5気圧
圧力センサー
加速度センサー
ジャイロセンサー
磁気センサー
オフラインカラー地図搭載

ソース:カシオ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でガジェットギークをフォローしよう!

Return Top