ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイスの最新情報をお届けしているモバイル総合情報サイトです。

ASUS、「ZenFone 3 Zoom」と「ZenFone AR」を発表

スポンサーリンク

ASUSはラスベガスで行われているCES 2017にてZenFone 3 Zoom(ZE553KL)とZenFone AR(ZS571KL)を発表しました。それぞれの特徴等についてまとめます。

ZenFone 3 Zoom

ZenFone 3 Zoomは昨年発売され話題を呼んだZenFone Zoomの後継となるモデルです。名前の通りカメラでの光学ズームに対応しているモデルとなっており、前モデルでは3倍までのズームに対応していました。

今回のZenFone 3 Zoomは前モデルのものとは異なる方式で背面に搭載された2つのカメラを活かしてズームする方式となっており、2.3倍の光学ズーム、12倍のデジタルズームが可能となっています。

Super Pixe Technologyと称してこれまでのモデルからもカメラ機能が進化しているとのことで、RAW撮影やマニュアル撮影、4Kビデオ撮影や光学手ぶれ補正、レーザーオートフォーカスなど充実したカメラ機能となっています。

スペックに関してはZenFone 3(無印)と近い物となっており、周波数対応によって複数のモデルが存在します。「TW/JP/HK/SG/PH version」の存在から国内での展開も予想されます。

Android OS  Android 6.0
ディスプレイ 5.5インチ有機ELディスプレイ
FHD(1920*1080)/ゴリラガラス5
SoC Snapdragon 625
2.0GHz*8コア
RAM 4GB
ROM 32/64/128GB
microSD XCカード (最大2TB)
アウトカメラ 1,200万画素(メインカメラ)
f/1.7/82°/焦点距離25mm
1,200万画素(ズームカメラ)
焦点距離59mm
第2世代レーザーフォーカス機能
デュアルLEDフラッシュ
光学手ぶれ補正
インカメラ  1,300万画素/f/2.0
ネットワーク FDD-LTE:B1/2/3/5/7/8/18/19/26/28
TD-LTE:B38/39/40/41
WCDMA:B1/2/5/6/8/19
GSM:850/900/1800/1900 MHz
(TW/JP/HK/SG/PH版より抜粋)
サイズ 154.3*77*7.99mm/170g
バッテリー 5000mAh/1Aでの外部出力対応
その他 指紋センサー/USB Type-C/イヤホンジャック

気になる点としてはバッテリーの急速充電機能の対応の可否です。国内でも販売されているZenFone 3ではQuick Charge 3.0への対応が可能なSnapdragon 625を採用しているのにかかわらず5V/2Aまでの対応となっているため、充電速度の遅さが不満に感じられました。

付属する充電器では5V/2Aまでの対応(スペックページに記載)となっており、ZenFone 3よりも容量が大きいので思う存分カメラ機能を堪能できそうな反面、充電時間も更に長くなってしまう為、残念なポイントになりそうです。

ちなみに、5.5インチ5000mAhバッテリー搭載機としては世界最薄の7.99mmとなっています。重量も200gをオーバーすることなく、サイズ感は悪くないかもしれません。外観はどこかiPhone7 Plusを彷彿とさせますね。

発売は2月となっており、価格も公開されていません。

ZenFone AR

従来のZenFoneなどとは少し違い、モバイル端末に人間と同じような3次元空間を認識させることでより高品質なAR体験を可能としているTangoの対応機種となるモデルです。

更に、DaydreamとよばれるVR規格にも対応しており、AR/VR共に最新の技術への対応となっています。ちなみにTangoとDaydreamの両対応となる端末はZenFone ARが初となります。

3個のカメラを搭載しており、それぞれ2,300万画素のカメラ/モーショントラッキングカメラ/深度測定カメラとなっています。これらのカメラによってハイレベルなAR体験を可能とします。

スペックは非常に高く、Android 7.0を搭載したZenFone 3 Deluxeのようなスペックとなっています。しかし、RAMが8GBとなっており、これは世界最速とのこと。RAM4GBを世界最速でやったものの、6GB世界最速は間に合わなかったASUSがまたやってくれました。

一般的な使い方で8GBはいらないとは思いますが、AR/VRではどれほどのメモリを消費するか未知数と言うこともあり、不要とは思えません。

Android OS Android 7.0
ディスプレイ 5.7インチ/有機EL
WQHD(2560*1440)/ゴリラガラス4
SoC Snapdragon821/2.35Ghz*4
RAM 6/8GB
ROM 32/64/128/256GB(UFS 2.0)
micro SD XC(最大2TB)
アウトカメラ 2,300万画素/ f/2.0
インカメラ 800万画素
ネットワーク LTE Cat12:DL 600 Mbps
LTE Cat13:UL 75 Mbps
詳細未公開
サイズ 158.67/77.7/8.95mm/170g
バッテリー 3,300mAh
Quick Charge 3.0/Power Delivery2.0
その他 指紋センサー(フロント)/USB Type-C(USB2.0)

このモデルに関しては急速充電への対応が公式ページに記されており、ZenFone 3 ZoomのQuick Charge 3.0などの対応はやはり無いのではないかと思われます。また、フラグシップモデル並みの性能ではあるもののUSB Type-C(USB2.0)なのは少し気になります。

発売日、価格等の詳細は現状公開されていません。今後の動向が楽しみですね。

Source:ZenFone 3 Zoom/ZenFone AR

Writer

ライターこにこす
HUAWEI製品に関して自信のあるライターです。HUAWEI通信さんでも記事を寄稿しています。

■得意分野:国内向けHUAWEI製品をはじめとしたスマートフォン等
Return Top