ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイス情報を気ままに更新しているデジタルメディアです。

FREETEL、「KIWAMI(極)」にAndroid 6.0アップデートを12月22日より開始

約 3 分
FREETEL、「KIWAMI(極)」にAndroid 6.0アップデートを12月22日より開始

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

プラスワン・マーケティングが展開中のブランド「FREETEL」から発売中の「KIWAMI」に対し、12月22日よりAndroid 6.0 Marshmallowのアップデートを開始しました。

2度の延期に渡ってのアップデートなので、待ちに待ったアップデートと言えるでしょう。今回のアップデートはOSのバージョンアップになるため、1.1GBと大容量のファイルをダウンロードする必要があります。ビルド番号ごとにアップデート容量は異なりますが、殆ど差異はありません。

アップデート後はmicroSDに移動していたアプリは本体から削除されるため、アップデート前にmicroSDに移動していたアプリを本体へ移す必要があります。また、アップデート後にカメラアイコンがホーム画面から削除されるため、再度ドロワーからカメラアイコンを再配置する必要があるとのこと。

アップデート後、カメラの一部機能も削除されます。削除される機能は「マルチアングルモード」「モーショントラックモード」「ライブ写真モード」「スロー動画撮影」となっています。更にSMARTalkアプリが起動できなくなるとのことです。

アップデート内容は以下のとおりです。

・Now on Tap機能:ページ閲覧中にホームボタンを押下すると、ページに関する情報、アプリ等を提示
・ロック画面のショートカット機能の変更:ロック画面で左からスワイプで起動する機能が、電話アプリから音声検索に変更
・「Doze」モード:長時間端末を利用していない場合に、バッテリー消費を抑える機能
・スクリーンショット取得後、通知領域から削除可能に
・アプリのアクセス権限の許可/拒否を自由に選択可能
・通知ポップアップの表示・非表示設定がアプリ毎に可能に
・ボリューム(着信(通知)音、音楽、アラーム)をどの画面からでも調整できるように改善
・アプリのバックグラウンドモバイル通信を無効化可能に
・アプリドロワーが横スクロールから縦スクロールに変更
・RAMの管理方法が改善:Androidの設定一覧に「メモリ」が追加、メモリ使用量が直感的に把握可能に
・モバイルデータ/Wi-Fi/Bluetoothの設定を一括でリセットする機能が追加
・ブラウザでリンクのタップ時に起動するアプリを個別に選択することが可能に
・リンク選択時に起動するデフォルトアプリの指定が可能に
・アプリ、システム設定の自動バックアップ機能が追加
・指紋認証インターフェイスが変更
・Google playで指紋認証を使ってアプリ購入が可能に

(引用:https://blg.freetel.jp/news/17090.html

アップデート中は各種通知や着信を受けとることが出来ないため注意をしてください。

ソース:FREETEL

Twitterで新着情報を受け取る
follow us in feedly

スポンサーリンク