ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイス情報を気ままに更新しているデジタルメディアです。

レノボ ジャパン、「YOGA Tab 3 Plus / Pro 10」を日本で12月13日に発売へ

約 4 分
YOGA Tab 3 Plus

レノボ・ジャパンは12月13日より「YOGA Tab 3 Plus」「YOGA Tab 3 Pro 10」を発売します。「YOGA Tab 3 Plus」は42,800円、「YOGA Tab 3 Pro 10」は65,800円からとなっています。

「YOGA Tab 3 Plus」は10.1インチタブレットでLTE通信に対応しているモデルとWi-Fi専用モデルの2種類あります。SoCにはQualcomm Snapdragon 625を採用し、駆動数は1.8GHz ×8コアです。

YOGAタブレットといえば、角度調整が可能なキックスタンドを備えていますが、YOGA Tab 3 PlusにもPro 10にも継承されています。「YOGA Tab 3 Plus」の接続端子はUSB Type-C 2.0となっており、YOGAタブレットシリーズとしては初となります。一方、「YOGA Tab 3 Pro 10」はUSB Type-C ではなく従来のmicro USBポートです。Dolby Atomに対応しているほか、JBL製のステレオスピーカーを搭載しています。防滴防塵(IPX2/IP5X)にも準拠しています。

※製品特徴にはIPX1と記載されていますが、仕様書にはIPX2と記載されています。

YOGA Tab 3 Plusの詳細スペックは以下の通り。

Android OS Android 6.0
ディスプレイ 10.1インチ
2560×1600ドット
SoC Qualcomm Snapdragon 652
RAM 3GB LPDDR3
ROM 32GB
アウトカメラ 1300万画素
インカメラ 500万画素
ネットワーク FDD-LTE(1/3/5/8/9/18/19/21/26/28)
Bluetooth 4.0
Wi-Fi(b/g/n/)
サイズ 247×179×4.68mm(最薄)
637g
バッテリー 9300mAh
その他 USB Type-C/防滴(IPX1)/防塵(IP5X)
Dolby Atom/JBLスピーカー/キックスタンド

 

「YOGA Tab 3 Pro 10」は最大70インチのプロジェクターを搭載した10.1インチタブレットです。こちらもWi-FiとLTEモデルの2タイプあります。SoCにはIntel Atom X5-Z8550 2.24GHz オクタコアを搭載。キックスタンドを搭載しているほか、一般的な鉛筆やボールペンをそのままスタイラスペンとして使えるAnyPenテクノロジーを採用。直径1mm以上の丸みのある先端部を持つ誘電性のあるものであればスタイラスペンとして利用できるそうです。

Android OS Android 6.0
ディスプレイ 10.1インチ
2560×1600ドット
SoC Intel Atom x5-Z8550
RAM 4GB
ROM 64GB
アウトカメラ 1300万画素
インカメラ 500万画素
ネットワーク FDD-LTE(1/3/5/8/9/18/19/21/26/28)
Bluetooth 4.0
Wi-Fi(a/b/g/n/ac)
サイズ 247×179×4.68mm
665g
バッテリー 10200mAh
その他 DLPピコプロジェクター/防滴(IPX2)/防塵(IP5X)

価格はYOGA Tab 3 PlusのWi-Fiモデルが42,800円、LTEモデルが47,800円、YOGA Tab 3 Pro 10はWi-Fiモデルが65,800円、LTEモデルが70,800円です。発売日は12月13日からとなっています。

ソース:レノボ[1][2]

Twitterで新着情報を受け取る
follow us in feedly

スポンサーリンク