ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイスの最新情報をお届けしているモバイル総合情報サイトです。


家電を操作できるIoTリモコン「RM mini 3」が日本で利用不可へ-デバイス識別IDで制限

スポンサーリンク

gd01

Makuakeで出資を募っていたリンクジャパンの家電を操作出来るIoTリモコン「eRemote mini」が国内で販売されることを受けて、海外向けに販売されているほぼ同一製品「RM mini 3」が日本国内で利用不可になるとガジェットショットが伝えています。

RM mini 3について

「RM mini 3」はGearBestを始めとした海外通販サイトで販売されている全方位型の赤外線センサーを搭載したデバイスで、スマートフォン向けアプリe-Controlから、RM mini 3に命令を送り、家電を操作出来るIoT機器です。

eRemote miniについて

RM mini 3はBroadLink社が販売しているもので、正規代理店としてリンクジャパンが国内向けに「eRemote mini」としてローカライズし12月下旬に販売予定です。またクラウドファンディングサービスのMakuakeにて目標金額を達成しており、私も出資しレビューをしたので気になるかたはご覧ください。

【Iレビュー】自宅を簡単にIoT化!スマホで家電を操作する「eRemote mini」が超便利

2つの違いについて

eRemote miniとRM mini 3の違いはカラーバリエーションと部品の違いとのことで、日本向けのeRemote miniは国内の認証を取得するために品質の高い部品を利用し、通信の安定性を確保するために国内にサーバーを置いていることが挙げられます。RM mini 3とeRemote miniは共通のアプリで動作する為、e-Controlも日本販売に向けて日本語化したとのことです。

RM mini 3の国内利用不可について

ガジェットショットによるとリンクジャパンからの連絡によりRM mini 3が日本のサーバーに今後アクセス出来なくなり、外出先から遠隔で家電を操作することができなくると伝えています。デバイス識別IDを制限することでサーバーからのアクセスを制限し利用不可にするようで、今後継続して利用したい場合は12月下旬に販売されるeRemote miniに買い換える必要があります。

RM mini 3を販売しているAmazonの並行輸入品のページではレビュー欄にも「利用できなくなる」といった旨のレビューが散見しています。この利用不可についてリンクジャパン公式サイトからの告知は現時点ではされていません。

リンクジャパンはeRemote mini に関するニュースにて「プロトタイプ」が完成したとの記事を出していますが、RM mini 3のカラーを変えただけでプロトタイプと呼ぶのは多少のひっかかりを感じます。国内向けに技適を通す為のクラウドファンディングと予想していますが、それなら最初からそういう目的で募っても良いのではないかと思うばかりです。いい製品なだけに残念です。

ソース:ガジェットショット

関連サイト:リンクジャパン/Makuake

Writer

管理人編集部
GadgetGeek(ガジェットギーク)を2012年に立ち上げた。またフリーライターとしても活動。Engadget 日本版 / プレジデント / VRInside / モバレコ / など。お仕事承ります!
Return Top