ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイスの最新情報をお届けしているモバイル総合情報サイトです。


【レビュー】Apple Watch Series2の総評とApple Payについて

スポンサーリンク

1

AppleWatch Series 2を購入してから約1ヶ月と半月が経ちました。この記事ではAppleWatch Series 2の総評と、iPhone 5sとApple Watchの組み合わせによるApple Payの利用方法を紹介します。

通知アニメーションが気持ち良い

Android Wear(SONY Smart Watch 3)からの乗り換えでしたが、通知などはAppleWatch Series 2のほうが個人的に見やすくて好みです。バイブと音で知らされた直後にディスプレイ面を顔の方に向ければ自動的にディスプレイが点灯し、通知内容の確認が出来ます。

有機ELの良さが引き立てられている

dsc01371

僕は有機ELの発色が苦手で、GALAXYなどの有機ELディスプレイを搭載したスマホを操作していると目が痛くなることがあります。しかし、AppleWatch Series 2の有機ELの発色は過激なものではなくおもったよりも優しい印象で、目が痛くなることはありませんでした。

1ヶ月使い込んできて、WatchOSは有機ELに考慮して作られているなと感じました。WatchOSの文字盤や、ウォッチ用のアプリの殆どは背景が黒ベースになっています。有機ELはバックライトがなく、部分的に表示することで見やすく表示しているのではないかと思っています。表示されている部分以外は点灯しないため、時計盤や通知、文字などがくっきりと読み取れるため、日中でも視認性が失われること無くストレスが少ないです。

ワイヤレス充電がとても便利

dsc01373

Android Wearの一部製品にも、無線充電技術のqiを使ったワイヤレス充電機能はありますが、以前使っていたSmart Watch 3はmicro USB端子から直接ケーブルをつなぐものだったので煩わしさがありました。

一方で、Apple Watchはワイヤレス充電に対応しているので使っていて楽と感じた部分です。最初はそれほど変わらないなと思っていたのですが、充電を繰り返していくと煩わしさが感じなくなりました。また、ケーブルをつなぐタイプのものだとキャップが使い物ならなくなると防水性が失われてしまいますが、無線充電だとこういう心配もありません。

カメラのリモート機能の充実さ

img_0395

Apple Watchのアプリとして、カメラのリモートアプリが標準で入っています。これを使うことでセルカ棒などを使う撮影や画面が見えない体勢での写真撮影がしやすくなります。

Android Wearなどにもサードパーティー製アプリとして似たようなものはいくつかありますが、画質の悪いものや不安定なものがあります。設定なども変えられなく本当にただ「撮るだけ」のものが多いです。一方で、Apple Watchのカメラのリモートアプリは、連写やセルフタイマー、感圧タッチを使いディスプレイを押し込むとその他のオプションもしっかり使うことができ、不満がありません。ただし動画撮影には対応していないのが残念です。

友達などと写真を撮る時はあえてインカメラを使わずに、画質の良いアウトカメラでApple Watchのリモートアプリで確認しながら撮影しています。

音声通話は少し残念

ファーストインプレッションでも述べましたが、通話の遅延が気になります。僕自身、Apple Watchで通話はしないだろうと思っていたのですが、両手が塞がってるときなどに案外通話をApple Watchでする機会がよくあったので便利だと思いました。しかし、相手に「声がちょっと遅れるよ」と言われたことが何度かありました。ただ、マイクの性能は悪くなく、音自体はしっかり拾っているそうです。

Apple WatchによるApple Payについて

僕はiPhone 5sを使っているのでiPhone単体でFeliCaを使ったApple Payを利用することはできません。なので、Felicaの部分をApple Watchに補ってもらう形で利用してるのですが、少々クセがあります。

やっぱり便利なSuicaとiD

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-11-14-23-01-41

僕はSuicaを別で持ち歩くことがうっとうしくてずっと切符で電車に乗っていました。ですが、毎週のように違う場所に電車で行くとなるとその都度料金を調べて切符を買わないといけないし、買い間違えたり失くしちゃったりなんてこともありました。

Apple WatchにSuicaの役割を任せたことで生活が変わりました。雨の日に自転車で学校にいけなくなり電車やバスを使うときも、どこかへ遊びにくときに電車や地下鉄に乗るときも、わざわざ小銭を出す必要性もありませんし、そもそもSuicaを出す必要もないのです。それはもう腕についてるのであとは残金さえあればタッチするだけというのがこんなにも便利だとは思いませんでした。

チャージに関しても、クレジットカードからのみチャージができると思っている方も多いと思います(というか僕自身もそう思っていた)が、コンビニや一部切符自動販売機(かざすだけでチャージできるタイプ)では今まで通りのICOCAやSuicaチャージ方法が利用できるので安心です。ただし、初回のみクレジットカードのチャージが必要です。個人的にはクレジットカードを使うといくら使ったかわからなくなってきちゃうのでコンビニなどで現金を使って直接チャージするのが安心できます。

iDに関しては必ずサイドボタンをダブルクリックしたあとで選択しなければならないのですが、これは即座に必要なものではないので問題ないと思います。コンビニで何度か支払いしていますが、とてもスムーズです。

Apple PayのSuicaはとても便利です。・・・がしかし、Apple Watch側の設定でApple Watchのボタンをダブルクリックしなくても使えようにしたはずのSuica機能なのですが、これがうまく動かない時があり、改札で一度止まりました。ダブルクリックしたあとで準備完了が出るときはもちろんちゃんと支払いができるのですが少々怖くてそのまま改札を通ることに抵抗ができてしまいました。あとApple WatchのFelicaの性能が良くないかどうなのかはよくわかりませんが少し反応が遅いのでゆっくり改札を通らないとそもそも反応しないことがあるのでご注意を。

Apple PayをApple Watchで利用するときに面倒だと思うこと

img_0381

Apple WatchでApplePayの設定を済ませると、必ずApple Watch側に暗証番号を設定する必要があります。これが少し面倒で、スリープ(画面非表示)状態から少し時間がたったApple Watchを操作しようとすると必ず入れないといけないのです。これはセキュリティの観念から強制されることなのだと思いますが、いちいち暗証番号を入力するのが少しめんどくさいなと感じました。

総評

1ヶ月ほどApple Watchをつかって良いと思ったのはやはりApplePayです。カード式とちがい、SuicaもiDも財布を出す必要がなくなり、お釣りも増えなくなるので大変便利です。しかし、少し不安定なところがありまだまだ改善の余地があるところも少なくありませんが、これは今後のアップデートに期待します。

心配していた有機ELディスプレイについてもバランスが取れている鮮やかさで非常に美しいです。バッテリーの持ちに関しても平均で2日ぐらい持つので不満はありません。とにかくiPhone7にしたくない、できない、でもApple Payを最大限に活かしたいという方には特におすすめできます。

いらないだろうと思っていても実際に付けて使ってみると通知をサッと確認できたりそれで支払いができたりするともうApple Watchなしでは生活が不便に感じることは間違えなさそうです。

購入を考えているなら絶対に購入した方がいいでしょう。

Return Top