ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイスの最新情報をお届けしているモバイル総合情報サイトです。


Microsoft、All in One PCの「Surface Studio」を発表、最上位モデルは4199ドル(約44万円)

スポンサーリンク

Microsoftは現地時間10月26日より、同社で初となるAll in One PC(オールインワンパソコン)の「Surface Studio」を発表しました。標準モデルは2999ドル(約31万円)、上位モデルは3499ドル(約36万円)、最上位モデルが4199ドル(約43万円)で2016年12月15日に米国で発売予定です。

「Surface Studio」は28インチ PixelSense™ディスプレイを搭載しています。 PixelSense™は4500×3000ドット 3:2のアスペクト比で構成されており、解像度は1350万画素にも及びます。同時に10点マルチタッチにも対応。28インチディスプレイは独自のヒンジ構造を採用したことで、角度調整も容易に可能です。

SurfaceStudio2

またSurface Dialと呼ばれる製品も商品ラインナップに含まれており、このダイアルを回すことでページをめくる、拡大縮小などの動作が可能です。Surface Dialは画面上に直接置くか、机の上に置くかを選べるので、様々な操作をより直感的に行うことができます。このSurface Dialは99.99ドル(約1万円)で販売されます。Microsoftは動画も公開しているので、気になる方は下記動画もぜひ。

CPUはIntel 第6世代 Core i5、Core i7から選ぶことができます。GPUはGTX965M及びGTX980Mから選択可能です。RAM容量は8GB、16GB、32GBから、ストレージはラピットハイブリッドドライブ 1TB、2TBとなっています。この選択肢から自由に組めるのではなく、モデル毎に搭載しているGPUやCPUが異なります。最上位モデルの場合、GTX 980M,RAM32GB、Intel Core i7、ラピッドハイブリッドドライブ 2TBの組み合わせとなります。

拡張はUSB 3.0×4、フルサイズSDカードリーダー(SDXC対応)、3.5mmイヤホンジャック、イーサネットポートとなります。Windows Halloに対応した500万画素 1080pのインカメラを搭載。2.1chに対応したステレオスピーカー ドルビーオーディオ プレミアムを採用。Wi-Fi規格はWi-Fi(a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0。

価格は、標準モデル 2999ドル(約31万円)、上位モデルは3499ドル(約36万円)、最上位モデルが4199ドル(約43万円)で2016年12月15日に米国で発売予定です。

ソース:Microsoft

Return Top