ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイスの最新情報をお届けしているモバイル総合情報サイトです。

米国運輸省、「Galaxy Note7」の機内持ち込みを禁止-罰金や刑事訴追の可能性も

約 2 分

galaxy-note7-performance_kv_l

米国運輸省(DOT)、連邦航空局(FAA)、パイプラインや危険物安全局(PHMSA)はSamsung Galaxy Note7の機内持ち込みを禁止すると発表しました。

この緊急命令は現地時間2016年10月15日より有効となります。

Galaxy Note7はバッテリーが何らかの影響で発火し、爆発をおこしてしまう問題があり、リコール後の改善済みの製品でも問題が再発生してからSamsungはGalaxy Note7の生産・販売を終了すると発表しました。

DOTの今回の緊急命令はGalaxy Note7を機内に持ち込もうとした場合、航空会社側で搭乗を拒否する事ができるほか、知らず知らずのうちに(情報を知らずに)持ち込みが発覚し、乗務員からの「電源を切り、充電もしないように」などの適切な措置に従わなかった場合、罰金や刑事訴追を受ける可能性もあるとのこと。

なお、この緊急命令は有害物質規制を下に発令した緊急命令であり、危険性のあるリチウム電池や電子機器は航空輸送を禁止することが出来ます。

ソース:Tranceportation.gov

Samsung Galaxy Note7の生産及び販売を停止へ、売上高に170億ドルの損害の可能性

Twitterで新着情報を受け取る
follow us in feedly

スポンサーリンク

<この記事は参考になりましたか?>

(最終更新:2016-10-25)