ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイスの最新情報をお届けしているモバイル総合情報サイトです。


遠隔診療・健康相談サービス「ポケットドクター」、ヘルスケア機器連携を開始へ

スポンサーリンク

img_114206_1

IoTプラットフォームのマーケットリーダーである株式会社オプティムと医療情報のプラットフォームを提供するMRT株式会社は、スマートフォンやタブレットを用いた遠隔診療・健康相談サービス「ポケットドクター」を10月14日より「ヘルスケア機器連携」が可能になるアップデートを開始しました。

ヘルスケア機器連携は、スマートフォンと連携している血圧計や体組成計、体温計などヘルスケア機器から取得したバイタルデータ※を「ポケットドクター」と共有することで、日々のバイタルデータを医師や医療機関に共有し、健康相談を受けることが可能となる新機能です。

※バイタルデータ:患者の健康状態を把握するための指標(データ)

ポケットドクターと連携出来るバイタルデータは「血圧」「血糖値」「体重」「体温」「心拍数」「歩数」「酸素飽和度」の7つで、共有したいデータを指定することが出来ます。オプティムが提供している「OPTiM Cloud IoT OS」へバイタルデータは蓄積され、過去から現在に及ぶ数値をグラフ化して閲覧出来る健康サービスとしても利用できるとのこと。

ヘルスケア機器連携はApple ヘルスケアに対応した機器とiPhone 4s以降がサポートされます。

<ポケットドクターのアプリダウンロード>

btn_appbtn_google

ソース:@Press

関連サイト:IPTiM/MRT

<この記事は参考になりましたか?>

Return Top