ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイスの最新情報をお届けしているモバイル総合情報サイトです。

NTTドコモ、「arrows SV F-03H / NX F-02H」や「Galaxy Active neo SC-01H / Galaxy Tab S 8.4 SC-03G」にソフトウェアアップデートを10月13日より開始へ

約 2 分

NTTドコモは富士通「arrows SV F-03H」「arrows NX F-02H」とSamsung「Galaxy Active neo SC-01H」「Galaxy Tab S 8.4 SC-03G」に対してソフトウェアアップデートを10月13日より開始しました。

「arrows SV F-03H」「arrows NX F-02H」の2機種は通話躍進時にバイブレータ設定が正しく反映されな不具合いとセキュリティ更新がされます。セキュリティ更新は2016年8月のパッチレベルとなります。更新後のビルド番号は「arrows SV F-03H」はV15R041A、「arrows NX F-02H」はV16R053Bです。

「Galaxy Active neo SC-01H」はVoLTE通話中にまれに通話が切断される不具合の改善、「Galaxy Tab S 8.4 SC-03G」は本体の電池残量が正しく表示されない不具合の改善です。更新後のビルド番号は「Galaxy Active neo SC-01H」は LMY47X.SC01HOMU1API1、「Galaxy Tab S 8.4 SC-03G」はLRX22G.SC03GOMU1BPI5になります。

ソース:NTTドコモ[1][2][3][4]

Twitterで新着情報を受け取る
follow us in feedly

スポンサーリンク