ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイスの最新情報をお届けしているモバイル総合情報サイトです。


国内版ZenFone 3(ZE520KL)の39,800円は高いのか。

スポンサーリンク

wafawa

ASUSは先日、日本向けの「ZenFone 3」を発表しました。価格は税抜き39,800円で、Qualcomm Snapdragon 625や5.2インチ フルHDディスプレイを搭載するなど、ミドルハイレンジ程度のスペックを持っているスマートフォンです。

台湾などでは約2.6万円程度で購入できたのに対して、日本向けモデルは39,800円と予想を遥かに超える価格で、Twitterや掲示板ではげっそりムードとなっています。日本での発表が大幅に遅れたこと、並行輸入品が日本正規品よりも安いこと、様々な要因が重なり、期待を悪い意味で裏切られた気分になっている方もいるはずです。

しかしながら、並行輸入品は国内で保証を受けることが出来ないなど2.6万円程で購入出来る代わりにデメリットも非常に大きいです。その為、日本で販売されるZenFone 3は国内サポートもしっかりと受けることができ、2万円の価格差は色々な意味で重要になってくるでしょう。

今回、この記事で議論したい点はスペックに対する価格です。下記はZenFone 3の基本的なスペックとなります。Qualcomm Snapdragon 625と今でも現役で活躍出来る程のSoCを搭載しています。

Android OS Android 6.0
ディスプレイ 5.2インチ
1920×1080ドット
CPU Qualcomm Snapdragon 625
RAM 3GB
ROM 32GB
アウトカメラ 1600万画素(IMX298)
F2.0
PixelMaster 3.0
光学手ブレ補正
レーザーAF
インカメラ 800万画素
85度広角レンズ
ネットワーク Wi-Fi(a/b/g/n/ac)/LTE/Bluetooth 4.2/VoLTE
サイズ 146.87 x 73.98 x 7.69(mm)/144g
バッテリー 2650mAh
その他 USB Type-C(2.0) /指紋認証/Zen UI 3.0/ハイレゾ再生

Snapdragon 625を搭載しているスマホの価格は?

Snapdragon 625を搭載したスマートフォンは、ZenFone 3以外にもあることを忘れてはいけません。例えば最近発表されたSamsungのGalaxy On7 (2016)は5.5インチ フルHD,Snapdragon 625を搭載しています。指紋センサーやF値1.9のカメラを搭載して価格は1599元(約2.4万円)です。台湾で販売されているZenFone 3と張り合えるほどの価格です。(中国のみで販売)

HUAWEIが最近発表したスマートフォン「HUAWEI nova」は5インチ フルHD,Snapdragon 625を搭載、カメラはF値2.0の1200万画素です。こちら、ヨーロッパでの価格が399€(約4.5万円)となっています。日本で販売されるZenFone 3とさほど値段が代わりません。

同じくHUAWEI,中国で販売されるベゼルレスディスプレイスマートフォン「Mainmang 5」はSnapdragon 625に5.5インチ フルHDディスプレイ、ZenFone 3と同様のIMX298を搭載しています。価格は2399元(約3.8万円)

Samsungのスマートフォン、Galaxy C7は5.7インチ フルHDディスプレイを搭載。カメラはF値1.9 1600万画素です。SoCはSnapdragon 625で価格は2599元~(約4.4万円)

※全て記事公開時のレート

価格は至って妥当。でも批判されても仕方ない。

価格だけで見るとZenFone 3と似たようなスペックで下限は約2.4万円、上限は約4.5万円となっていて、日本で販売されるZenFone 3(39,800円)が特別高いわけではありません。国内向けにローカライズするなど、ASUSの努力が見られる一方で、台湾で買うほうが正規品より安く手に入れられる現実がある以上、ある程度の批判が生まれてしまうのは仕方ないことだと思います。また国によって物価も違ってくる為、人件費やその他もろもろの諸費用も誤差が生まれてくるものです。

出だしは微妙かもしれませんが、これからどう挽回していくか、期待したいところです。ZenFone 3 UltraやZenWatch 3も日本で出るようですし。

 

<この記事は参考になりましたか?>

Return Top