ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイスの最新情報をお届けしているモバイル総合情報サイトです。

Lenovo ジャパン、世界初のTangoに対応したファブレット「Lenovo Phab 2 Pro」を日本で発売へ

約 3 分

phab2-pic1-big

Lenovo ジャパンは世界で初めてTangoに対応したファブレット「Lenovo Phab 2 Pro」を日本でも発表しました。価格は49,800円(税抜き)で11月下旬から予約販売を開始する予定です。

「Lenovo Phab 2 Pro」はAR 対応のゲームやユーティリティを楽しめるTangoと呼ばれるテクノロジーを搭載したファブレットとなります。Google Project TangoチームとLenovoが開発した「Lenovo Phab 2 Pro」はARとの融合により、従来のスマートフォンやタブレットとは異なる使い方が出来る製品です。

本体は6.4インチ 2560×1440ドット、SoCにはQualcomm Snapdragon 652を搭載していますが、Google Tango向けにカスタムした「Google Tango エディション」が採用されています。フロント部は1600万画素の通常のカメラとGoogle Tangoに対応した2つのカメラを備えてあり、計 3つのカメラが「Lenovo Phab 2 Pro」には搭載しています。

phab2-pic4-big

Android OS Android 6.0
ディスプレイ 6.4インチ
2560×1440ドット
CPU Qualcomm Snapdragon 652
1.8GHz 8コア
RAM 4GB
ROM 64GB
アウトカメラ 1600万画素(メインカメラ)
インカメラ 800万画素
ネットワーク FDD-LTE(1/3/5/8)
TDD-LTE(38/41)
Bluetooth 4.0
Wi-Fi(a/b/g/n/ac)
サイズ 179.83×88.57×10.7mm 259g
(最薄 6.96mm)
バッテリー 4050mAh
その他 Google Tango対応
Dolby Atmos 5.1
急速充電
デュアルスタンバイ
指紋センサー
イヤホンジャック有り

ソース:Lenovo/ITmedia

Twitterで新着情報を受け取る
follow us in feedly

スポンサーリンク