ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイスの最新情報をお届けしているモバイル総合情報サイトです。

iFixit、「AppleWatch Series 2」を分解中-バッテリー容量が初代よりも32%増しに

スポンサーリンク

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

分解でおなじみのiFixitは本日発売した「AppleWatch Series 2」をリアルタイムで分解中です。

AppleWatch Series 2はフォースタッチと第2世代 OLED Retinaディスプレイを搭載しています。防水性も向上し、日本においてはおサイフケータイとしての利用も可能になります。

AppleWatch Series 2は2015年モデルのAppleWatchよりも遥かに強力な接着剤が使われており、ここも防水性が向上した事によりものであると推測されます。

バッテリー容量は273mAh、初代モデルは205mAhでしたが、それよりも32%増えています。これはGPSの消費電力を補うためではないかと言われています。

現在もiFixitは分解をしている最中です。

ソース:iFixit

Writer

管理人編集部
GadgetGeek(ガジェットギーク)を2012年に立ち上げた。またフリーライターとしても活動。Engadget 日本版 / プレジデント / VRInside / モバレコ / など。お仕事承ります!
Return Top