ガジェットギーク

ガジェットギーク

スポンサーリンク

Apple Payは独自の番号を割り当て加盟店にカード情報が共有出来ない仕組みに

スポンサーリンク

Appleが本日発表したiPhone 7 / Plus、AppleWatch Series 2ですが、これらにはFeliCaが搭載しています。(日本向けモデルのみ)

AppleはFeliCaの使い方について同社のサイトにて公開しています。例えばSuicaをApple Payに対応させるにはiPhone 7をSuica定期券、または通常のSuicaの上に乗せます。これで情報がiPhoneへ転送され、iPhone 7やAppleWatch Series 2で利用することが出来ます。

iPhone上でSuicaの残高チャージや定期券の更新も可能に。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

Apple Payは主要なクレジットカードや発行会社に対応しています。JCB・Mastercard・American Expressを始め、dCARD・SoftBank・auなど3代キャリアもおさえています。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

Apple Payが利用できるお店はApple Pay対応店、iD、QUICKPay、Suicaを始め、ミニストップやユニクロ、ビックカメラなど数多くの店舗で支払いが行えます。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

更には、ウェブ上のショッピングにも対応。gifteeやじゃらん、TOHO CINEMAなどiPad やMac上でも決済が可能となりました。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

Apple Payは実際のクレジットカードとは別に独自の番号を割り当てることにより、カード情報を加盟店と共有することはありません。またApple Payの決済の詳細は保存されないため特定出来ることもないとか。

ApplePayはiPhoneやSuicaを紛失した場合でも「iPhoneを探す」を使えば、意図的に紛失モードに切り替え、ApplePayの利用を止めることも出来ます。

Apple iPhone 7 / Plusは9月16日に発売されます。

【まとめ】Apple、iPhone 7とiPhone 7 Plusを発表!

ソース:Apple

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でガジェットギークをフォローしよう!

LEAVE A REPLY

*

CAPTCHA


Return Top