ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイスの最新情報をお届けしているモバイル総合情報サイトです。


【総評】Freetel SAMURAI REIを使ってみての総評レビュー

スポンサーリンク

SAMURAIREI2016-05-27_03

FREETEL SAMURAI REIを発売日から使い続けましたが、今回は総評レビューとしてまとめていきます。

まず、総評を一言で表すと「コスパは決して良くない、詰めが甘く値段なりの機種」という評価をしました。

レビュワーレーティング

‘性能’
31%
‘電池持ち’
56%
‘カメラ性能’
38%
‘持ちやすさ’
72%
‘コスパ’
40%
‘全体評価’
62%

※レーティングは執筆者の個人の点数です。

コストパフォーマンスが良いとは言えない

SAMURAIREI2016-05-27_08

様々なメディアではSAMURAI REIを賞賛しており、「コストパフォーマンスが良い」「薄くて軽い」「カメラのモードが多い」などの記事が多い印象を受けました。
確かにファーストインプレッションでは、使い勝手・動作含めて印象は良かったです。しかしそれは第一印象であり、見た目の高級感に気を取られていたのだと感じます。
実際、見た目の作りはSonyのフラッグシップモデル Xperia X Performanceよりも高級感を感じられますし、質感も中々のものです。

最初に開封した時の印象が、「約3万円で、この質感は素晴らしい」でした。今もその感想に変わりありませんが、コストパフォーマンスが良いのかと言われれば「良くない」と答えます。

それは主にハードウェアでの問題ではなく、ソフトウェアに問題が多くあるからです。

FREETEL UIはユーザーに優しいのか?

FREETEL UIを搭載しているのが、SAMURAI REIの大きな特徴であるのは間違いないのですが、そのFREETEL UIが足を引っ張るとは思いもしなかったです。FREETEL UIは、今後アップデートで良くなっていくようですが、現状(初期バージョン)ではユーザーに優しいUIではありません。FREETEL UIは下からスワイプすることで各種ショートカットにアクセスできますが、このショートカットが文字入力時に邪魔で仕方ないのです。フリック入力の場合、「ん」や「0」をフリックしようとすると、たちまちショートカットが出現します。iOS でも、同様の機能を搭載していますが、実装当初、全く同じ問題が発生していました。まさに「歴史(?)は繰り返す」と言えます。

ショートカット
ショートカット

ATOKはキーボードの位置を変更出来る為、この問題は解決出来るのですが、1500円の有料アプリです。標準ではGoogle 日本語入力がプリインストールされているため、大抵の人はこの問題に気を遣いながら文字入力をしなければなりません。ナビゲーションバーを出せるので、そちらの設定を有効にすれば、ある程度は避けられるそうですが、ユーザーがUIに気を遣うのは、正直あまり好ましくないですね。

そして、FREETEL ボタンの「戻る」は軽くタッチしただけで反応します。これも正直憂鬱です。これもオン・オフの設定ができればよかったのですが。

カメラアプリの使い勝手の悪さ

SAMURAIREI2016-05-27_07

FREETEL SAMURAI REIは同社のブログでも1300万画素を絶賛していました。画素数が高い=細かく撮影が可能というニュアンスで言っていましたが、実際はそうではありません。センサーの種類を公表していませんし、私達が判断出来るのは1300万画素という情報だけなんです。FREETEL独自のカメラアプリでは多くの機能が搭載されています。その中に、一眼レフモードがあり、背景をぼかすことで一眼レフで撮ったような撮影が可能になるこの機能。しかし、これ、めっちゃ失敗します。結構な割合で失敗するため、殆ど使っていません。手ぶれ補正も弱く、すぐにブレた写真に仕上がります。暗所に弱く、ノイズも多く乗ることがしばしば。これはカメラアプリのチューニングが弱いと言わざるを得ません。

そして、カメラ撮影を横から縦に切り替えたりする際の動作ですが、1秒ほど時間が必要です。大切な瞬間を逃してしまいそう。

参考:こんなにスゴい!!REIのカメラから見た世界(REIカメラ編)

細かいバグが多い

2週間使ってきて、細かいバグに多く遭遇しました。アラームが解除出来ないバグだったり、FREETELボタンの「戻る」が使えなくなるバグだったり、いろいろです。前に使っていたHUAWEI Honor6 plusでは、自分が見つけていないだけだとは思いますが、そのようなバグには遭遇しませんでした。SAMURAI REIの価格.comのスレッドを見ていると、「LINE」を始めとした各種通知がスリープ時に鳴らないとの報告がありますし、カメラで撮影した写真をmicro SDに保存出来ない問題もあるようです。

そういった面を考えると、ソフトウェアの開発の甘さを感じてしまいます。

これからに期待したい

私のブロガーのお友達とご飯に行った際、3.2万円のSAMURAI REIと同じ価格帯のHUAWEI P8liteのソフトウェアについて語ったことがあります。私としては同じ価格帯のP8liteのEMUIの方がソフトウェアとしての完成度は高いと感じています。確かに、FREETEL自体も2012年に出来たこともあり、最近の会社です。そのため、設立から4年弱でFREETEL UIを作れるまで開発者が増えたことを考慮すると、やはりFREETELの今後にとても期待ができます。大半の人はEMUIという名前自体知らないと思いますし、EMUIにあってFREETEL UIに無い機能なんて実際のところ使ってみないとわからないと思います。

しかしながら、長く開発しているEMUIの方が機能面も優れていますし、充実してます。同じ価格帯のP8liteとSAMURAI REIを比較してしまうと、ソフトウェアにここまで差があり、高い完成度のEMUIには到底敵いません。これはZen UIも同じです。FREETELも、独自のUIを作ったことで、HUAWEI EMUI、ASUS Zen UIなどと同じ土俵に立つことになりました。

SAMURAI REIはFREETELにとって大きな分岐点にあると考えています。今までに無い以上の高品質なハードウェアに、独自のUIを搭載したSAMURAI REIはこれからのFREETEL ブランドを確立させる初代機になる事を願っています。

それだけ、私はSAMURAI REIに期待しています。

総評

ソフトウェアの完成度の低さが目立ってしまったため、約3.2万円のSAMURAI REIが決してコストパフォーマンスに優れているのかと言えば、そうでもありません。ハードウェアの品質は3.2万円以上の価値はあると断言出来ますが、ソフトウェアの出来が、最初に述べたように残念な結果となってしまった為、「FREETELで3.2万円ならこんなもんだろう」という総評になってしまいました。しかし、良く言えばアップデート次第ではこれが素晴らしいスマートフォンに化ける可能性があるんです。

FREETELの社長はFREETEL UIの開発に非常に積極的で、既存の不具合に対応してくれるでしょう。アップデートでSAMURAI REIが化けた時、この総評はまた違うものになるでしょう。

FREETELが本気を出している。SAMURAI REIがどんどん良くなっている件について

Writer

管理人編集部
GadgetGeek(ガジェットギーク)を2012年に立ち上げた。またフリーライターとしても活動。Engadget 日本版 / プレジデント / VRInside / モバレコ / など。お仕事承ります!
Return Top