ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイス情報を気ままに更新しているデジタルメディアです。

【レビュー】Freetel SAMURAI REI 純正 光沢保護フィルムを付けてみた感想

約 3 分
【レビュー】Freetel SAMURAI REI 純正 光沢保護フィルムを付けてみた感想

DSC02447

FREETELより発売中のスマートフォンSAMURAI REIの純正 光沢保護フィルムのレビューをしていきます。

公式通販ショップでは純正保護フィルムの値段は980円(税抜き)となっており、特に価格が高いという印象は見受けられません。光沢保護フィルムの他に反射を防止するフィルムやガラスフィルムも販売しています。ガラスフィルムはDragontrail Xを採用したもので、硬度が9Hあります。対して通常の保護フィルムは3Hの硬度を持っています。

良くフィルムの説明に○Hという表記がありますが、これは鉛筆硬度と呼ばれる単位です。硬度のひっかき試験については下記サイトを参考にしてみてください。

参考:よくフロアコーティングの性能の紹介で、○Hってあるけどどういうこと?

 

スポンサーリンク


2.5Dディスプレイなので全体を保護することは出来ない

SAMURAI REIは2.5Dディスプレイです。よって純正の保護フィルムでは全体を守るすることが出来ないようになっています。これはパッケージ背面にも大きく記載されています。DSC02448

パッケージの中身はアルコール綿と拭く布、そして保護フィルム。保護フィルムに貼付されているシールは英語と数字が表記されています。英語ではなく日本語で表記してほしかったところ。

DSC02453

貼ってみたところ、説明書通り、全体を保護することは出来ませんでした。純正フィルムなので、純正ケースとの兼ね合いもあるのでしょう。少し汚れが付きやすいかなという印象はあります。光沢なのでなおさら。価格面で考えれば、不満もなく、保護自体はできるので中々ではないでしょうか。

DSC02454

純正以外にもサードパーティ製のフィルムも数多くのあるので、ぜひご検討下さい。

全体の保護は出来ない
全体の保護は出来ない

ブルーライトフィルム(硬度5H)

全体を保護できるフィルム

メーカー純正

 

Twitterで新着情報を受け取る
follow us in feedly

スポンサーリンク



COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 純正シートは純正保護カバーと組み合わせたら、待受画面でアイコンを次のページに移動させる時にカバーとシートのギリギリ反応しないかするかの微妙な位置に段差がくるのでそれだけがイライラすると思います。