ガジェットギーク

Android、iOSといったモバイルデバイスの最新情報をお届けしているモバイル総合情報サイトです。


Freetel、「SAMURAI REI」の電池持ちを改善する方法

スポンサーリンク

FREETELより発売中のSAMURAI REIですが正直な所、電池持ちは良く無い印象です。2800mAhでは頼りないのでモバイルバッテリーを持っておくべきでしょう。

モバイルバッテリーを持つことも大事ですが、出来る限り、ソフトウェア側で電池持ちを少しでも長くしたいですね。今回はSAMURAI REIの電池持ちを少しでも改善する方法を紹介します。

まず、基本的なこと

基本的なことですが、使わない機能はオフにしましょう。例えばWi-Fi、Bluetooth、GPS、これらは使っていない場合はオフにしておきましょう。ただし、GPSは位置情報を取得するのに必須なので、「高精度」ではなく、「バッテリー節約」にしておくと効果的です。

設定>Wi-Fi>オフ
設定>Bluetooth>オフ
設定>位置情報>バッテリー節約に変更

ディスプレイの輝度を任意に設定

SAMURAI REIの輝度の自動設定は、一番暗い状態にしても、とても明るい感じがします。暗い部屋にいても自動設定だと明るすぎる・・。そんな時は目と電池持ちを考えて任意で変更しましょう。任意で一番暗くした状態だと自動設定の一番暗い設定よりも暗くなります。

Screenshot_20160529-014318

Dozeモード(電池の最適化)の設定

Android 6.0を搭載しているので、Dozeモードが使えます。これは電池の最適化をしてくれる機能で、スリープ時のバッテリー消費を抑えてくれる機能になります。スリープ時のバッテリー消費を抑えることが目的であり、スリープ解除時は特に恩恵は感じられないでしょう。

Android 6.0からはデフォルトで有効化されているので、特に変更する必要はありません。しかし、Dozeモードが有効化になっている影響で通知が正常に届かないというアクシデントに見舞われる場合があるので、必要に応じて、有効化するアプリを見なおしてみることをオススメします。

Dozeモードについての説明は「Androidnavi」などに掲載されているので、そちらを確認すると良いかと思います。

参考:【FAQ】Android 6.0の新機能「Dozeモード」って何ですか?

スタンバイ低消費電力モードをオンにする

恐らくコチラもデフォルトで有効化されていると思いますが、されていない場合はオンにしましょう。

設定>電池>スタンバイ低消費電力モード

 

バッテリーセーバーを有効化する

こちらはAndroid 6.0で搭載された機能です。基本的にバッテリーの残量が15%や20%辺りになるとバッテリーセーバーを有効化するかの通知が来ます。ここでオンにすると消費電力を可能な限り抑えてくれます。

設定>電池>右上「:」をタップ>バッテリーセーバーを有効化

バッテリーセーバーは、CPUのクロック数を落とし、ディスプレイ輝度を暗くし、アニメーション、ヴァイブレーションの無効化、同期の停止、ステータスバー、ナビゲーションバーの色をオレンジに統一することで最大限、バッテリーの消費を抑えることが出来ます。

但し欠点なのが、同期が無効化されてしまうことです。メールやメッセージアプリが通知されない場合があるようです。ここは要検証になります。

各種自動アップロードを充電時のみにする

これは出来るアプリが限られますが、例えばGoogleフォト。こちらはアップロードをどのような条件下で行うかを設定出来ます。Wi-Fi接続時かつ、充電中のみにアップロードに設定を変更することで、バッテリーの消費を抑えられます。

Greenifyを使ってスリープ時に無駄なアプリを動作させない

元々、GreenifyはRoot化していないと利用できないアプリだったのですが、現在はRoot化していない端末でも使うことが出来ます。いわゆる冬眠モードと呼ばれるもので、スリープ時にバックグラウンドで動くアプリを自動停止させるアプリです。これにより、裏で動いているアプリを止めることが出来ます。

設定方法

まずはダウンロードをします。

Google play Greenify
Greenify
制作: Oasis Feng
評価: 4.4 / 5段階中
価格: 無料 (2016/5/29 時点)

ダウンロードposted by: AndroidHTML v3.1

ダウンロード後、以下のスクリーンショットの赤枠をタップします。
タップ後、下から「設定」という文字が出てくるので、再びタップ。

Screenshot_20160529-021646

ユーザー補助サービスをオンに。

Screenshot_20160529-021635

再びアプリに戻り、右上の「+」をタップします。

dasda

タップ後、冬眠(休止)したいアプリを長押しし、複数選択します。右横にある「雲」のマークはプッシュ通知を出してくるアプリを意味しています。LINEなどの速報性が大切なアプリは休止しないようにしてください。逆にInstagramなどの「いいね」を通知するプッシュ通知は休止しても問題ないと思います。

Screenshot_20160529-022042

選択ができた後は「ZZZ」をタップし、寝かせましょう。
これでスリープ時に休止します。休止を解除したい場合は、解除したいアプリをタップすると、右上に「▶」のマークが出るので、そちらをタップすると除外出来ます。

Screenshot_20160529-022053

しっかりと休止されていることが確認出来ます。

Screenshot_20160529-022022

左:導入前 右:導入後

注意点は、バッググラウンドで動いているアプリを休止してしまうと、例えばLINEを冬眠させた場合通知が来なくなってしまいます。また停止しても起動を繰り替えるようなアプリ(例としてフェイスブック)などは冬眠させず、そのまま起動させておいたほうが無難です。

SAMURAI REIに関する疑問 26項目についての回答

<この記事は参考になりましたか?>

Return Top